« サマー/タイム/トラべラー | トップページ | デスノート »

2006年8月 5日 (土)

時をかける少女

★★★★☆

 かなり昔に筒井康隆の原作と、原田知世の映画を観たが、女子高生がタイムスリップするということ以外は、綺麗さっぱり忘れてしまったようだ。原作の発表が1967年頃だから、もちろんケータイなんてないし、女子高生もあんな超ミ二スカをはいているわけがない。

Tokikake_5  始め原作を現代版にアレンジし直して、ついでに内容も大幅リメイクしたのだろう。・・・と思ったのだが、実は原作から約20年後を舞台にして、ヒロインを原作の主人公の姪という設定にしているらしい。しかもアニメである。結果的にはこれが大成功の原因かもしれないね。わずか250席程度のテアトル新宿だが、整理券を発行するほど超満員で、「映画でこんなの初めてだわ」と若い女性たちも興奮ぎみだった。
 現在ネットでも断突の高評価を得ているが、なにせ上映館が少な過ぎるし、東京ではここだけの単館上映なのだ。たぶんこの調子なら、劇場を変えて再上映ということになるかもしれないね。
 さて映画の中味のほうだが、これも評判通り上出来である。まるで写真のように精密に描き込まれた背景に、ひょろろ~んとして鼻のない柔らかいキャラがよく似合っていた。
 ストーリーは、明かるく活発な女子高生が、理科室で偶然拾った『あるもの』によってタイムスリップ能力を身につけてしまう~という学園SFファンタジー仕立てである。
 ただタイムスリップといっても、過去の自分に会うわけではなく、どちらかというと『リプレイ』するという感じだ。

Tokikake2  なかなか味い深い展開であり、アニメとは思えないきめ細やかな感情描写に、思わず誰もがスクりーンの中にのめり込んでしまうことだろう。そしておっちょこちょいで男まさリだが、明かるく爽やかなヒロインが、とても上手に描かれている。
 笑いあり、涙ありの甘酸っぱく、ちょぴり切ないが、とても心地良いファンタジック・ラブストーリーであった。
 アニメに偏見を持っている人がいたら、是非この作品を観て欲しいな。そして日本アニメの真価を再認識してもらいたい。
 あのスクリーン一杯に埋めつくされた「ブルーの空と白く青味がかった入道雲」、そしてその空間を跳ぶヒロインの姿が実に美しい。まさしく青春まっただ中。これぞジャパニーズアニメの真髄といえよう。

クリックお願いします(順位もみてね)

人気blogランキングへ

|

« サマー/タイム/トラべラー | トップページ | デスノート »

コメント

はじめまして。TB感謝です。

「スタッフ一同きちんとプロの仕事をした」。
それが画面の隅々にまで溢れていました。

「かっこいいとはこういうことさ」

鑑賞後この台詞が頭に浮かびました^^。

都区内に住む私ですが、新宿は混みそうなので封切最初の水曜日に幕張まで行って観ました。
そのときはガラガラでしたが、今は一杯でしょうね。たくさんの人に見ていただきたい映画です。

投稿: shamon | 2006年8月 6日 (日) 12時39分

shamonさんコメントありがとう。
アニメといえ、バカに出来ない作品ですね。東京で単館上映が残念です。

投稿: ケント | 2006年8月10日 (木) 10時33分

はじめまして!yoriさんのところからやってきました。
時をかける少女、周りでも高評価です!
まだ見てないんですけど、ケントさんのレビューを拝見して
こりゃ見なきゃ!と思いました。
ストーリーもあれなんですけど
背景等々、ビジュアル面のきめの細かさは
見ている側としては重要かなぁと思います。
んーアニメって奥深いな…みたいな。
いきなりのコメントですみませんm(_ _)m

投稿: 弥勒 | 2006年8月21日 (月) 10時36分

はじめまして!yoriさんのところからやってきました。
時をかける少女、周りでも高評価です!
まだ見てないんですけど、ケントさんのレビューを拝見して
こりゃ見なきゃ!と思いました。
ストーリーもあれなんですけど
背景等々、ビジュアル面のきめの細かさは
見ている側としては重要かなぁと思います。
んーアニメって奥深いな…みたいな。
いきなりのコメントですみませんm(_ _)m
また遊びにきます!

投稿: 弥勒 | 2006年8月21日 (月) 10時37分

弥勒さんコメントありがとう。僕も遊びに行きますので、時々立寄ってください。
弥勒さんは、「切ない恋愛小説」をお探しとか・・・僕のブログにもレビューを載せましたが浅田次郎の「地下鉄(メトロ)に乗って」は、まさにぴったりの作品ですよ。また梶尾真治の作品にも、そのような話が多いですね。

投稿: ケント | 2006年8月21日 (月) 12時50分

この映画を観て、現代の青い夏の入道雲も美しいんだなあと実感しました。もちろんドラマもいいですし、世界へ誇れる作品といえそうですね。

投稿: てれすどん2号 | 2006年8月22日 (火) 15時40分

てれすどん2号さんコメントありがとう。
ほんと、入道雲の美しいこと・・

投稿: ケント | 2006年8月22日 (火) 21時21分

 トラックバック、コメント、ありがとうございます。これが日本のアニメーションだ・・・私はそう思います。やたらCGばかり、CGと組み合わせたりなどという小細工をして大作にするより、二次元アニメの魅力がつまっています。ジブリだけが日本のアニメみたいに思っている人が多い中、こういう良質の作品を作り続けてほしいと心から思います。原作をはなれたオリジナル脚本は、秀逸な品を映画館へ送り出しました。 読ませてもらいました。ありがとうございます。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年10月 3日 (火) 00時20分

こんにちは。
主人公が明るく活発で憎めないキャラなので
大好きになりました!
好きなキャラができると感情移入しやすいですよね。
自由奔放だけど性格はいい真琴が
次にどんな選択をするのかが気になって
目が離せませんでした!

投稿: しましま | 2006年10月10日 (火) 12時05分

冨田弘嗣さんコメント有難うございます。
確かにジブリばかり大騒ぎしていますが、最近のジブリはイマイチですよね。ブランドの力は有難いものです。

しましまさんこんばんは。
あのキャラはホントに大正解でしたよね。
青空に主人公と入道雲がピッタリでした。

投稿: ケント | 2006年10月11日 (水) 22時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2943464

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

» ★時をかける少女(アニメーション)@テアトル新宿:8/4(金) [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
よかった!甘酸っぱくて、可愛くて、フレッシュで切なくて。真夏に飲む爽やかな炭酸飲 [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 18時02分

» 時をかける少女・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・大林宣彦監督版。 二度目は97年に、83年版の製作を手がけた角川春樹監督で映画化。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 18時31分

» 時をかける少女 [メルブロ]
時をかける少女 上映時間 1時間40分 監督 細田守 出演(声) 仲里依紗 石田卓也 板倉光隆 原沙知絵 谷村美月 評価 9点(10点満点)  ●『時をかける少女』応援企画  ●公式ブログ  ●舞台訪問    都内ではテアトル新宿でしか上映していないので、....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 18時58分

» 時をかける少女 [なんとなしの日記]
以前のブログでも書いたんですが、色んな人にぜひ 見てほしいから、こっちでも書く! 先日、「時をかける少女」を会社帰りにフラッと見てきた。 公式サイト 最近のアニメ映画で「ゲド戦記」と「時をかける少女... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 19時32分

» 時をかける少女 [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
原作=筒井康隆。監督=細田守。脚本=奥寺佐渡子。キャラクター・デザイン=貞本義行。美術監督=山本ニ三。音楽=吉田潔。 原作世界から全く新しいヒロインが、40年の時空を超えて現代へタイムリープしてきました。 爽やかで切ないアニメ版『時をかける少女』の誕生です。☆☆☆�... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 21時06分

» 時をかける少女 2006-41 [観たよ〜ん〜]
時をかける少女」を観てきました〜♪ 高校2年生の真琴(声:仲里依紗)は、これといった特徴のない女子高生だった、目下の楽しみは男友達の千昭(声:石田卓也)と功介(声:板倉光隆)と野球をすること・・・ある日、ノートを提出に理科室に行った真琴はある出来事をきっかけにタイムリープの力を持つ・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、タイムリープできるかも・・・... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 22時04分

» 時をかける少女(2006)/仲里依紗、原沙知絵、石田卓也 [カノンな日々]
ホントは公開後もっと早い時期に観に行くつもりだったのに、この映画なかなか好評らしくって全国紙の新聞でも何度か記事になってるんですよね。最近の朝日ではこの夏の話題のアニメ作品なんたらとかいう記事で『細田守監督は実は当初「ハウルの動く城」の監督として予定され....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 22時13分

» 時をかける少女 [SOBUCCOLI]
今日、「時をかける少女」を見てきました。 評判どおりとてもすばらしい作品でした。 もう一度みたい。そう思える数少ない作品かも。 今言えることはひとつ 四の五の言う前に見ておけ!(笑 ※以下感想を書きますがネタバレしてますのでご注意ください。 時をかける少女 ..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 04時40分

» 映画『時をかける少女』★★★★ [てっしーblog]
(ネタバレ注意)  アニメとして甦った「時かけ」の新作です。 キャラクターデザインに奥行きを感じないのでこの映画はノーマークだったが評判が良いので見ることにしました。で、実際これはなかなかの収穫でした。 名作である大林監督の『時をかける少女』(1983年度作品)を彷彿させる、といったら言いすぎでしょうか。上手くできた時間SFです。  物語は原作とも大林作品とも違いオリジナルで勝負しております。主人公が全... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 09時07分

» 時をかける少女(アニメ版)  爽快!!躍動!! 原作者の折り紙つき2代目誕生!! [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:時をかける少女/邦画アニメ ジャンル:青春/2006年/100分 映画館:テアトル梅田1(96席) 鑑賞日時:2005年7月30日(日),14:35〜 満員+立見15人 私の満足度:75%  オススメ度:75%  <序> ♪あなた 私のもとから  突然消えたりしなでねーぇー  私は、時をかける少女=原田知世 の世代である。  実際にその映画をみたのはかなり後のことであるが、  TVでこの歌は何度も聞いた。    実は、私が�... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 09時09分

» ☆★☆ 時をかける少女 ☆★☆ [anges's gao!!]
『時をかける少女』ブロガー試写に参加してきました。 「他人の恋には前向きで-自分の恋には後ろ向き」 ホント、その言葉どおりのヒロインが登場した作品。 クライマックスは感動してちょっとないてしまったアニメ映画でした。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 10時52分

» 「時をかける少女」 [ひねもすのたりの日々]
画面の隅々まで、その台詞と音楽の一つ一つの音まで、切なく瑞々しいジュブナイル。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 12時33分

» 時をかける少女 [It's a Wonderful Life]
やたら評判がいいのと、タイムパラドックスものは大好きなんで どうなの?って観てみましたが、これがほんとになかなかの作品! 正直言って絵はイマイチに感じましたけど、物語にすぐに引き込まれて、 主人公を始めとする登場人物にとても好感の持てる映画だと思い...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 15時41分

» 「時をかける少女」(試写会:角川ヘラルド映画 試写室) [なつきの日記風(ぽいもの)]
告げられなかった言葉 届けられなかった想い うまくいかない人生は、転げ回ってもう一回 行きつ戻りつ、汗をかきつつ 見上げた高く青い空 駆け抜けた私たちの夏 監督:細田 守 原作:筒井 康隆 脚本:奥寺 佐渡子 キャラクターデザイン:貞本 義行 美術監督:山本 二三 作画監督:青山 浩行、久保田 誓、石浜 真史 主題歌:奥 華子 音楽:吉田 潔 出演:仲 里依紗、石田 卓也、板倉 光隆、原 沙知絵、谷村 美月、垣内 彩未 本編:100分 Stor... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 15時55分

» 「時をかける少女」を見て [アニメっと!]
ようやく昨日「時をかける少女」を見てきました。 映画を見た感想というか、面白さを先に言うと点数を0〜5で表すなら「3.7点」を上げます。上映前からず〜〜〜と楽しみにしてたかいがありました! ちょっと哲学的なアニメだったので小さいお子さんには難しいかもしれませんが、15歳以上の人にはとてもオススメしたい作品ですね。 ただ、なかなか上映してるところがないのがネックです…。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 21時24分

» 自分の願う未来へ突っ走れ/「時をかける少女」 [Wings of Freedom]
「待ってられない未来がある。」というキャッチコピー通り主人公が動いて動いて動きまくるアニメ映画でした。最近のアニメ映画は3Dを使った描写がだいぶ増えているんですけれども、人物描写は全て手書きだったり絵コンテ・作画に素朴な手作り感が垣間見られて良かったです....... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 22時12分

» 「時をかける少女(2006/アニメ映画)」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「時をかける少女」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2006年/アニメ映画 *主なキャラクター(声優):紺野真琴(仲里依紗)、間宮千昭(石田卓也)、津田功介(板倉光隆)、芳山和子(原沙知絵)、藤谷果穂(谷村美月)、早川友梨(垣内彩未)、紺野美..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 04時03分

» 未来で待ってる。~「時をかける少女」~ [ペパーミントの魔術師]
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ それから TBに来てくださった「海からはじまる」さんとこのレビューが かなり詳しいですので、ご参考に。 ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが、..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 10時26分

» 『時をかける少女』 [映画館で観ましょ♪]
むかしむかし、ずーっと昔。 すっかり子供の頃に、NHKでやっていたドラマがコレでした。 (深まった年がバレますが…) 毎日だったのか週一だったのかは忘れたけれど 確か夕方の6時頃、すごく真剣に、要するにハマッ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 11時24分

» ”時かけ”から”トキカケ”へ「時をかける少女」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
今年の夏のアニメで 一番評価の高い 「時をかける少女」を 観てきました。 大阪での公開も3週目になるのに 場内が満席状態でびっくりしました。 原作はご存知「筒井康隆」 もう40年前の原作になるんですね。 高校2年生の「紺野真琴」が 自転車で遭遇した踏切事故の瞬間 時間を跳躍する体験をする。 それが「タイムリーブ」 それから自由に時空を超える 力を身につけるのだが・・・ 重なる謎と不思議な恋心〜 高2のひと夏のジュブナイル。 作品の出来から言え... [続きを読む]

受信: 2006年8月10日 (木) 10時03分

» 時をかける少女 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
紺野真琴は、青春真っ只中の高校2年生。ふとしたことから、過去に飛べる能力を手に入れます。起こってしまったことをリセットしてやり直すことができる。世界を思うようにできるはずだったのですが...。仲の良い「野球仲間」の間宮千昭や津田功介の間に変化が起きます。友情と... [続きを読む]

受信: 2006年8月11日 (金) 07時27分

» 「時をかける少女」躍動感あるストーリーで見ていて楽しい [soramove]
「時をかける少女」★★★☆オススメ 細田守 監督、2006年 実写版のストーリーを念頭に見はじめたので、 途中で混乱した。 話を現代に置き換えただけでなく ストーリーはほぼ別物だった。 主人公の溌剌とした感じや、 高校の頃の貴重なムダ使いの毎日が ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 01時50分

» 時をかける少女 [勝弘ブログ]
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/シネプレックス幸手で鑑賞結論から書けばすばらしいの一言!主人公が時間を戻ることで出来事が変わっていく様子がおもしろく最後にはちゃんとストーリーがまとまってきれいに終了しまし... [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 00時45分

» 時をかける少女 [LUNE BLOG]
彼女は時の道を戻っていった。 繰り返し戻っていった。 自分自身のために友達のために、 そして彼のために。 [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 00時18分

» アニメ映画「時をかける少女」あなたも青春時代にタイムリープしてしまう。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ ]
行って来ましたよ、この夏評価ナンバーワンの話題作、時をかける少女この映画のように都会の青空の下ですよ、テアトル梅田という小さな映画館(まだまだ満席)での限定上映に、朝眠気まなこで観てきました(笑) [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 15時37分

» 「時をかける少女」みた。 [たいむのひとりごと]
「折角東京に行くし・・・」と、地元では公開していないことでもあり、過密スケジュールの中、時間を捻出して鑑賞。「時かけ・・」というと、どうしても”原田知世”となってしなうのだけど、実はよく覚えていない。小説も読んでいないので、まったく新鮮な... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 20時01分

» 時をかける少女 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
監督は2005年春の劇場版『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』を手がけた気鋭の監督、細田守。芸術家の村上隆とのコラボレートにより、フランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンの店舗で上映された短編『SUPERFLAT MONOGRAM』や、六本木ヒルズのコマーシャルも...... [続きを読む]

受信: 2006年8月28日 (月) 21時13分

» 時をかける少女 [ちわわぱらだいす]
あなたわたしのもとから~突然消えたりしないでね~ぇ~♪ 結構うさぎの十八番だったりする。。。 どうしても「時をかける少女」って言ったらこれを歌いたくなりますね。 少女マンガを初めて映画で見た。。。? 熊本では上映をしてないみたいだからキャナルでみました~♪ ..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 23時44分

» 【劇場鑑賞93】時をかける少女 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
17才、戻ることのできない夏。 待ってられない未来がある。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 7日 (木) 21時12分

» 【映画評】時をかける少女 [未完の映画評]
何度も映像化された名作をアニメーション作品として現代的に焼き直して生まれた青春映画の金字塔。 [続きを読む]

受信: 2006年9月16日 (土) 05時46分

» 時をかける少女 [欧風]
土曜、八戸フォーラムでの3本ハシゴ鑑賞ですが、1本目の「フラガール」で泣きまくってしまったために、顔を洗って出直し、2本目に観たのが、この「時をかける少女」。 時をかける少女といえば、やはり原田知世でしょうか。超有名ですよね。時をかけない原田知世なんて、クリープを入れないブレンディみたいなもんです(注:この映画で原田知世はブレンディ入れてた)。その後も何回も映画化やドラマ化をされたような。ちょっと前に「なっち」こと安倍なつみがドラマでやってませんでした? 原田知世の映画はテレビでやったと... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 21時29分

» 「時をかける少女」 [Tokyo Sea Side]
何だかやたら評判が良いのでだんだん気になってきてしまい、観に行きました。恋にオクテな普通の高校生の恋愛モノといった要素と、タイムリープ(時間跳躍)能力というSFっぽい要素が盛り込まれており、最後までなかなか楽しむコトができました。どこにでもありそうな自然なセリフは、ところどころ笑えるくらい日常的で軽くて良い。だけど教訓はしっかりしていて分かりやすく、観た後は結構スッキリする映画です。 [:URL:] 『時をかける少女』... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 22時00分

» 時をかける少女(2006) [活動写真評論家人生]
テアトル梅田  原作は同じでも、監督によってこんなに違うものかと思う。実写とアニメーションの違いもあるだろうか。いや、本作はアニメーションでも撮ることはできる。私はアニメ化になる意味がわからなかった... [続きを読む]

受信: 2006年10月 3日 (火) 00時15分

» 『時をかける少女』・劇場 [しましまシネマライフ!]
今日は『時をかける少女』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 7月15日(土)に公開され [続きを読む]

受信: 2006年10月 5日 (木) 22時37分

» 「時をかける少女(2006)」 大人になることを自覚して初めて子供は大人になる [はらやんの映画徒然草]
今までも何度も映像化されている「時をかける少女」です。 この夏は大作のアニメーシ [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 20時27分

» やっと「時をかける少女」見てきました [よしなしごと]
 最近昔の映画やドラマのリメイクや新シリーズが多いですよね。スケバン刑事、セーラー服と機関銃など。そう言えば時をかける少女も曲はよく聴くけど、ストーリー知らないと思い、見に行く事にしました。と言うわけで今回は時をかける少女です。... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 01時30分

» Time Leap [Tokyo Bay Side]
『時をかける少女』 正直、期待が大きかったせいか観終えた直後はまぁまぁかなという感想でした。登場人物の画は雑だし、アニメと声が合っていないし、CGも不自然だし。けれどこれほど元気いっぱいスクリーンを駆け回る主人公を他で観た事がありません。現代風の口調や考え方、荒削りだけどしっかり観客の心を捉えている主人公はとても身近に感じます。出来れば時間を遡ってもう一度観たい作品です。 [:URL:] 『時をかける少女』 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 22時48分

» 時をかける少女(2006/日本/細田守) [CINEMANIAX!]
【恵比寿ガーデンシネマ】 明るく元気な高校2年生、紺野真琴(声:仲里依紗)は、優等生の功介(声:板倉光隆)とちょっと不良な千昭(声:石田卓也)と3人でいつもつるんで野球ばかりして楽しい毎日を送っていた。そんなある日の放課後、真琴は理科準備室で、突然現れた人影に驚いて転倒してしまう。その後、修復士をしている叔母・芳山和子(声:原沙知絵)のもとへ自転車で向かった真琴は、ブレーキの故障で踏切事故に遭ってしまう。死んだと思った瞬間、真琴はその数秒手前で意識を取り戻す。その話を和子にすると、和子は意味あ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 21時47分

» 映画レビュー#45「時をかける少女」 [Production Rif-Raf]
基本情報 「時をかける少女」(2006、日本) 監督:細田守(デジモンアドベンチャー、ワンピース劇場版) 脚本:奥寺佐渡子(お引越し、学校の怪談) 製作:渡邊隆史 原作:筒井康隆 キャラクター・デザイン:貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン) 出演:仲里依紗、石田卓也..... [続きを読む]

受信: 2007年3月15日 (木) 06時40分

» 『時をかける少女(アニメ版)』 [浮浪雲のように]
[[attached(1,left)]] {{{: 紺野真琴は明るく現代的な高校2年生。ある夏の土曜日、理科実験室から不審な物音を聞き、入ってみたところ怪しい人影に驚き、その場にひっくり返ってしまう。それ以来、時間を跳躍するタイムリープができるようになった真琴は、面白がっていろんな場面で利用して楽しむようになる。ところが、あるときから、真琴が変えた過去の影響が様々な形で身近な人たちに及んでいることに気がつく。しかし、一度歯車の狂った運命は仲良しの千昭や功介を巻き込み、取り返しのつかない事件を..... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 17時29分

« サマー/タイム/トラべラー | トップページ | デスノート »