« 真鶴の魚料理 | トップページ | 狩人と犬、最後の旅 »

2006年8月16日 (水)

天使

★★★(おまけ)

 「天使」というと・・・、よくアメリカ映画に出てくるよね。珍しい和製ファンタジー作品だが、映画というよりも少女マンガを観ているようだった。男性は優男で、女性は明かるく積極的な女の子、という展開がまさしく『少女マンガ』そのものなのである。

天使 スタンダード・エディション DVD 天使 スタンダード・エディション

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ある日天使が地上に舞い降りるが、普通の人にはその姿が見えない。彼女の姿を見ることが出来るのは、愛に飢えている人だけ?
 そして天使は、コンビニで働く青年にとりつくのだが、気まぐれ性で、あっちに行ったり、こっちに行ったり・・・
 よく判らなかったのが、料理を作るのが好きな妹と、飲み食い専門の姉の、変な姉妹の存在だ。彼女達には天使は見えないのだが、いやに登場シーンが多かったな。これは、何を意味していのだろうか。
 お話的には、これといって盛り上がる部分もなく、天使は一切しゃべらないので多少退屈かもしれない。
 ただなんといっても、深田恭子のあの純白の天使姿がとても可愛い。それにあの表情!彼女以外にあの天使役をこなせる女優は少ないだろう。そうそれが一番で、それが全ての映画だなんて決して言わないよね

あっそれと、「ジンライム」が飲みたくなる映画なんだ。

クリックお願いします(順位もみてね)

人気blogランキングへ

|

« 真鶴の魚料理 | トップページ | 狩人と犬、最後の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3080655

この記事へのトラックバック一覧です: 天使:

» 天使/深田恭子、内田朝陽、永作博美、永瀬正敏、西田尚美 [カノンな日々]
正直なとこ、映画としては全く期待してませんでしたが、劇場予告編のファンタジアな雰囲気がとっても私好みだったので絶対観ようと楽しみにしてました。矛盾するような話なんですけど、期待ハズレだったときにあまりけなしたくはなかったので何となく自分なりに予防線を張っ....... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 16時24分

» 天使 [欧風]
28(土)は「ヒトラー ~最後の12日間~」、「オリバー・ツイスト」と観て、3本目も観ちゃおうかな?と思いましたが、1本目も2本目も眠くなるところがあり、3本目観ても爆睡して金の無駄になるんじゃないかと思い、断念。 で、まあ普通の人ならそれでその週末が終わりそうなところなんですけれども、私はどうも普通じゃないらしく、翌日の日曜も観に行ってしまいました(^_^;)。だって~、って言い訳させて貰うと、元々観たかった映画が2本あって、なんか早く終わりそうなんで行ける時に行かねばという使命感があったか... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 17時35分

» 「天使」、公開 [Mugen Diary]
1月21日に公開された「天使」の情報を。 桜沢エリカさんの人気コミックを映画化した癒し系ファンタジー。さまざまな悩みを抱える人々を天使が勇気づけていく様子を、複数のエピソードを交錯させて描いている。 出演:深田恭子(天使役)、永作博美(カスミ役)、内田朝陽(カトウ役)、永瀬正敏他(パパ/吉川役)他 同映画の紹介がFLiX、Movie@nifty、CINEMA COMIN\' SOON、CINEMA TOPICS ONLINEに掲載されています。 12月20日、同映画の舞台挨拶が行われ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 18時32分

» 『天使』 [ラムの大通り]
----これって人気漫画の映画化なんだって? 「うん。桜沢エリカのね。 『NANAーナナー』も大ヒットしたことだし、 これからこのケースは増えていくんじゃないかな。 しかも監督は女性。 これも昨今のブームだ」 ----それにしても映画って<天使>を描くこと多いよね。 『カスタムメイド10.30』とかいうのも最近あったよね。 「天使と言うのは、いかにも映画的な素材なんじゃないかな。 だれも見たことがない上に、... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 18時41分

» ジンライムエンジェル~天使~ [ペパーミントの魔術師]
Agehaが見に行ったとこには置いてなかったんですが 大阪だと、梅田シネリーブルならフカキョン着用の天使のコスチュームが 展示されてたそうです。 天使 スタンダード・エディション桜沢エリカ 奥寺佐渡子 宮坂まゆみ ハピネット・ピクチャーズ 2006-06-23売り上げランキ..... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 18時44分

» 天使 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
桜沢エリカの漫画「天使」、「天使の巣」を映画化した作品です。 恋に臆病なコンビニの店員、カトウ(内田朝陽)、恋人(永作博美)と子どもとの間で揺れ動くシングルファーザーの吉川(永瀬正敏)などが暮らす東京のある街に、ある日、天使(深田恭子)が舞い降ります。ジンラ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 20時50分

» 天使 [現実逃避ING]
恋に弱気になっているコンビニ店員の前に現れた不思議な女性。それはジンライムが好きで、猫のように自由気ままに行動する天使。そんな天使が、街に舞い降り、何だかちょっと上手く行かない人達の背中をそっと押し出してくれる。 全編通して一言のセリフもなかった深田恭子の演技はそれなりに見応えがあった。猫のようなという表現がホントによく似合っているなと。 いわゆるファンタジーなので、ツッコミどころは多々ある。でも、そ... [続きを読む]

受信: 2006年8月16日 (水) 22時11分

» 「天使」鑑賞 [BIGLOBE平社員ブログ]
今日はライオンキング休暇。 石塚です。 [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 02時20分

» 天使 [じゆさの冒険記]
最近、富豪刑事や下妻物語のロリータファッションなど際物の多い深田恭子。この映画では、天使になります。 東京のとある街。恋愛、仕事、家庭、学校での出来事に悩みを抱える人たちの元に天使が舞い降りてきます。天使が見える人は、ごく一部の人なんだが、その天使が、なぜ自分の元にやってきたのかはあまりわからないことが多い。でも天使がいてくれることで、みんなは次第に幸せになってくる。 そんな心温�... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 14時20分

» 『天使』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]       2006/01/21公開  (公式サイト)  癒し度[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】宮坂まゆみ 【脚本】奥寺佐渡子 【原作】桜沢エリカ 「天使」「天使の巣」祥伝社刊 【出演】 深田恭子/永作博美/内田朝陽/鰐淵晴子/佐藤めぐみ/小出早織/西田尚美/永瀬正敏 <ストーリー> コンビニで働くカトウは、バイト仲間に誘われてクラブへ... [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 18時05分

» 天使 [メルブロ]
天使 上映時間 1時間57分 監督 宮坂まゆみ 出演 深田恭子 永瀬正敏 永作博美 内田朝陽 佐藤めぐみ 評価 6点(10点満点)  すっかりお馴染みの漫画原作映画。少女マンガなんで全く知らなかったけど。    今回の上映前にどこかの企業の宣伝があった...... [続きを読む]

受信: 2006年8月19日 (土) 14時54分

» 深キョン主演「天使」鑑賞 [エモーショナル★ライフ]
今日は深田恭子主演映画「天使」を見てきました。 特に見る予定ではなかったのですが、 今日休暇をとって夕方からは用事があったのですが、 昼間は暇だったので映画を見ようと思って適当に選んだのがこれ(笑) この映画で僕が注目したかったのは、 天使役である深田恭子..... [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 12時47分

» 映画館「天使」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
深きょんコスプレ天使~!!まったく台詞のない役。 天使は、喋らない。人言語がわからないのか話しかけても「ポケ~」とした表情の深キョンが可愛い♪天使は、ジンライムがお好き!天使は、見える人と見えない人がいる。天使は、特に何もしない。天使が出てくる映画だか...... [続きを読む]

受信: 2006年8月27日 (日) 02時42分

» 天使 [NO MOVIE, NO LIFE]
これが、結構よかった。 年代的に、永瀬と永作に共感したわねえ。 永瀬のシングルファーザー役っていうも、割と違和感なかったし。 いや、最初は違和感あったのだけどね。 永作博美と雰囲気が合っていたので、そのまま自然に観えたのよ。 内田朝陽は、とにかく可愛かった。 恋が始まる瞬間っていぃねぇ〜(遠い目) ここに共感した人も多いかもしれないけど、まぁ、あたしはすでにそ�... [続きを読む]

受信: 2006年10月16日 (月) 23時35分

« 真鶴の魚料理 | トップページ | 狩人と犬、最後の旅 »