« 狩人と犬、最後の旅 | トップページ | タイムコップ »

2006年8月20日 (日)

イエスタデイ・ワンス・モア

 なぜこんな長ったらしく、気取ったタイトルをつけたのか疑問だったのだが、ラストのどんでん返しでその意味が判かった。
 著者の小林信彦氏は、昭和7年生まれだ。そしてこの小説が書かれたのは、平成に入ってからなので、当時著者は50代後半である。それにしてはなかなか『粋なおじさん』だなと、妙に感心してしまった。

Scan10112 ストーリーのほうは、主人公の高校生が、平成初期から昭和34年にタイムスリップし、そこで見よう見真似の『危うい生活』を送るお話が中心となっている。
 そこで未来(現在?)のTVで観た、お笑いギャグを利用して、一躍売れっ子のTV作家になってしてしまうのだ。なかなかひょうきんでユニークな発想じゃないか。
 また古き良き昭和30年代の描写が、なかなか凝りまくっている。当時の著者は、花の20代。たぶんかなり思い入れの強かった時代なのだろう。まるで彼の思い出話を、とくとくと聞いているようで、とても微笑ましい。
 懐かしい東京風景はもちろんだが、主人公の育ての親である、多佳子伯母との再会のくだりが一番印象的だ。ことに若い伯母に迫られるシーンは、複雑な心境になってしまうだろう。自分だったら冷静でいられたかどうだか、余り自信がないね。
 途中までは、浅田次郎の『地下鉄(メトロ)に乗って』を髣髴させる展開であったが、甘く切ない浅田節とは異なって、明かるくバタくさいノスタルジーを感じた。
 ラスト近くになってタイムパトロールが登場するのだが、これが僕には気に入らない。それまで、せっかくノスタルジーの小部屋で甘い気分に浸っていたのに、土足で踏みにじられた感じがした。
Scan10111_1  ところがこの展開は、Part2『ミート・ザ・ビートルズ』への複線だったんだね。
 『ミート・ザ・ビートルズ』では、ビートルズとホテルの一室で、念願の直接会話を果たすのである。そしてそれが、父と母のめぐり逢いの還流となるのだ。
 このPart2は、第一作には及ばないとしても、ことにビートルズファンには、味わい深いストーリー仕掛けとなっているはず。
 薄い本なので、是非2本立て続けに読んでみよう。

↓をクリックしてくれると嬉しいです

人気blogランキングへ

|

« 狩人と犬、最後の旅 | トップページ | タイムコップ »

コメント

TBいただき、ありがとうございました。小林さんは多くの東京を描いた作品を書いていますが、タイムトリップした30年代の東京は、これはまた格別です 笑 仰る通り、2冊続けて読みたい所ですね!!! 

投稿: yori | 2006年8月20日 (日) 18時51分

yoriさんコメントありがとうございます。
もしビートルズに逢ったら、あんな感じなのでしょうかね。ポールとリンゴに好感を持ちましたよ。

投稿: ケント | 2006年8月21日 (月) 12時53分

おはようございます☆
コメント&トラックバックありがとうございました(^_^)
なるほど,イエスタデイ・ワンス・モアですか.
タイムスリップという設定は少なくないけれど,平成の時代に知られているネタを使って昭和で売れっ子作家になるという設定は面白そうですね.

応援クリック,しておきましたよ(^o^)/

投稿: 晃弘 | 2006年8月25日 (金) 08時12分

ご訪問頂いてありがとうございます~♪
第1回目のコメントでした!
(^-^)//""ぱちぱち
まだできたてのブログですがまた遊びにいらしてくださいね♪
応援ポチッ!!

投稿: miu【漫画と本とマンガの館】 | 2006年8月26日 (土) 02時15分

晃弘さん>コメントありがとう。
古い小説だけど、なかなか miu上手く出来ているので、若い人にも楽しめると思います。応援クリックありがとう。

miuさん>コメントありがとう。新しいブログ頑張ってくださいね。これからもよろしく。

投稿: ケント | 2006年8月26日 (土) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3134671

この記事へのトラックバック一覧です: イエスタデイ・ワンス・モア:

» 時代の熱を伝えたい [活字の砂漠で溺れたい]
音楽に対する物心が付いた時、 ビートルズはすでに解散していた。 だから僕はリアルタイムでのビートルズを知らない。 そんな僕がビートルズに出会ったのは中学生の時だ。 どういうわけか知らないが、その当時、 突如としてビートルズのリバイバルブームが到来してい....... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 18時38分

» 時間旅行はいかが [活字の砂漠で溺れたい]
時空を自由に歩き回ることが出来たなら・・・ それは誰もが一度は 心に思い描いたことがあるであろう夢物語だ。 当然のことながら、タイムスリップを題材にした 小説、映画には、古今東西、事欠くことがない。 少年の日にNHKの少年ドラマシリーズで見た 筒井康隆の「...... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 18時47分

» イエスタディ・ワンスモア [時間旅行〜タイムトラベル]
Yesterday Once More[:読書:] 小林信彦 SF度:★★★★ ラブ度:★★★ 唯一の肉親である叔母が体調をくずし亡くなった。 ぼくは昔、叔母と住んでいたアパートで 当時のことを思い出しながらうつらうつら寝入ってしまった。 エッセイもたくさん書いている小林信彦さんの 明〜るい[:ニコニコ:]タイムトラベル小説。 ... [続きを読む]

受信: 2006年8月22日 (火) 22時07分

» 「イエスタデイ・ワンス・モア」 [翠 の 風]
題名:「イエスタデイ・ワンス・モア」著者:小林信彦発行:新潮文庫頁数:267読みやすさ:4/5おすすめ度:3/5 リサイクルブックの店で背表紙を眺めていると、ちょっとタイトルが気になったので買ってしまいました。なんせ100円やし! 「ん?カーペンターズ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 16時49分

« 狩人と犬、最後の旅 | トップページ | タイムコップ »