« スーパーマン・リターンズ | トップページ | デスノート (コミック)  »

2006年8月31日 (木)

流星ワゴン

 なんともはやマンガチックで、懐かしい響きを持ったタイトルである。この「ワゴン」とは、幽霊父子が運転するワゴンカーであり、ワインカラーのオデッセイのことでなのである。
 そしてこのオデッセイこそ、『バック・トゥ・ザ・フューチャーでいうデロリアンであり、一種のタイムマシンなのであった。

流星ワゴン Book 流星ワゴン

著者:重松 清
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 病床の父親とは、ほば絶縁状態。妻はテレクラに狂い、一人息子は受験に失敗し家庭内暴力に走る。そして会社が傾き、リストラの対象になる。・・こういう最悪の家庭環境に追い込まれたとき、あなたならどうするだろうか?
 主人公のカズは、もう人生なんてどうでもよくなり、いっそ死んでしまいたい気持で一杯になる。そして目の前に止まったワインカラーのオデッセイに乗ってしまうのだった。これがこのお話の始まりである。
 前述した通り、このワゴンカーはタイムマシンで、家族が破綻する以前の過去へ疾走して行く。どういう訳か自分と同年期の父も、一緒にタイムトラべラーになっているのだ。
 それから、悲惨な自分の現在(未来)を変えようと、何度か過去を改竄しようと試みる。だがどうやっても、過去は絶対に変えられないのだ。
 この小説でのタイムトラべルは、過去の自分の体に、現在(未来)の自分の意識だけがとりつくという方式であり、決して過去の自分に遭遇することはないようだ。そして現在(未来)に戻るつど、過去の自分にはそのときの記憶も、記録も全く残らない仕組みになっている。ただ稀にそれとなく、体験感覚が揺り戻されることがあるようだが、それが『デジャヴ』と呼ばれている現象らしい。
 いわゆる「リプレイ」ものなのだが、絶対に過去は変えられないため、パラレルワールドの存在もない。
 タイムトラべルとして考えると、かなり違和感を感じるのが、同時にタイムトラべラーとなる父親チュウさんの年齢である。カズと同い年であるはずがないのだが、チュウさんは幽霊に近い存在と考えて、タイムトラべルと関連付けないほうがよいだろう。このお話はタイムトラべルと、幽霊を重ね合わせた物語なのだから・・。
 なにせ466頁もあるブ厚い文庫本だが、ストーリーの中味は非常にシンプルで、どこにでも居そうな三組の「父と息子」を描いている。まずはオデッセイを運転する幽霊の橋本さん父子、そして主人公のカズとチュウさん、もう1組はカズと息子の広樹である。
 そしてこれだけの長編にも拘わらず、女性達はほとんど存在感がなく、父と息子の関係だけに終始している。この辺りの描き方は、女性読者には少し抵抗がかもしれない。そこにこの作者の、父親に対する強烈な思い入れを感じたね。
 私の父親は42才で鬼籍に入っている。出来ることなら、私もタイムマシンに乗って、若かりし頃の父と一献傾けたいものである。
 父子の愛憎とタイムトラベルという筋立ては、浅田次郎の地下鉄(メトロ)に乗ってと良く似た展開である。ただ浅田次郎のように切ないエンディングではない。だからと言って、決してハッピーエンドとも言えない。
 過去にこだわらず、「未来に向かって力強く生きてこそ、幸福への扉が開かれる」と言いたいのだろうか。

↓を応援クリックしてくれると凄く嬉しいです 

人気blogランキングへ

|

« スーパーマン・リターンズ | トップページ | デスノート (コミック)  »

コメント

ケントさん、TBありがとうございましたm(__)m

映画化が待たれるこの作品ですが、不思議な感覚でありながら、しっかりと父と息子の見える絆がありました。 生きているうちにその絆が見えていたら・・・。
僕も生意気言っていたころの父に会ってみたいと思いました。

投稿: cyaz | 2006年8月31日 (木) 21時45分

cyazさんコメント有難うございます。
cyazさんのブログでも、お父さんへの思いが感じられますね。
重松さんの小説は、ストーリー以上に自分に重ねて考えさせられるものが多いですね。定年ゴジラも良かったですよ。

投稿: ケント | 2006年8月31日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/3272794

この記事へのトラックバック一覧です: 流星ワゴン:

» 「流星ワゴン」(重松 清著) [京の昼寝〜♪]
 「流星ワゴン」(重松 清著)【講談社文庫】  僕らは、友達になれるだろうか?   38歳、秋。 ある日、僕は同い歳の父親に出逢った。 死んじゃってもいいかなあ、もう・・・・・・。38歳、秋。 その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。 そして 自分と同い歳の父親に出逢った。 時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。 やり直しは、... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 21時27分

» ◎◎「流星ワゴン」 重松清 講談社 1700円 2002/2 [「本のことども」by聖月]
 こんな本を読みたかった。心に沁みてきた。どこか切なく感じ、少し笑みが浮かび、心温まり、チョチョ切れそうな涙をこらえて読み終えた評者の心にあるのは、満足感に加え、少し増幅された優しさかな?感受性かな?  本書『流星ワゴン』の設定自体は、ありふれた作り話。家路に向かう主人公。酒をひっかけ、マイホームのある駅に降り立っても、まだ家に足が向かう気にならず、コンビニでおにぎりとアルコールを買い、駅の前でぼんやりと考える。“このまま死んじゃうってのもありなのかなあ”と。会社ではリストラの対象。妻は理由も... [続きを読む]

受信: 2006年8月31日 (木) 23時04分

» 『流星ワゴン』 [日々の記憶。]
 昨晩、夕食までにしばらく時間があったので、久しぶりに本を読んだ。長いこと積読になっていた重松 清 の『流星ワゴン 』。食事前に40ページほど読み、寝る前にもう少しだけ読み進めるつもりが、朝までかけて一気に読破してしまった。  物語は、主人公が幽霊が運転する... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 01時29分

» 重松 清 『流星ワゴン』 …近いようで遠い親父と息子 [: : FLMAX Cafe : :]
親子って……二等親の血縁関係にある割りに、とても遠い。 父の精子が私のもとで、母とはへその緒で繋がっていたことが不思議なくらい、どこか遠い。 いちばん近くて、いちばん遠い。 この本を読んで、改めて強く思うのは、父と息子のつながりだった。 『流星ワゴン』 重松 清もう死んでしまおうか……。 そう思ったある夜、駅のロータリーの一角にあるベンチで酔い潰れた中年サラリーマンの永田一雄の前に一台のワゴンが停まる。5年まえの事故で亡くなった橋本さん親子(ユーレイ?)の乗るワゴン(オデッセイ)であった... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 02時03分

» 「流星ワゴン」重松清 [AOCHAN-Blog]
タイトル:流星ワゴン 著者  :重松清 出版社 :講談社文庫 読書期間:2005/10/03 - 2005/10/07 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして・・自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか・・?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。妻の浮気... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 11時19分

» 流星ワゴン/重松清 [時間旅行〜タイムトラベル]
流星ワゴン[:読書:] 重松 清 ファンタジック度:★★★★ 親子愛度:★★★★★ 家庭も、仕事も上手くいかず 「死んじゃってもいいかなぁ」と考えている あなたの前に、ワゴンが止まります。 「遅かったね」 「早く乗ってよ。ずっと待ってたんだから」 知らない子供に呼びかけられたら あなたはその車に乗りますか? ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 1日 (金) 22時20分

» 『流星ワゴン』  重松清  講談社文庫 [アン・バランス・ダイアリー]
流星ワゴン『今夜、死んでしまいたい。 もしもあなたがそう思っているなら、あなたの住んでいる街の、最終電車が出たあとの駅前にたたずんでみるといい。暗がりのなかに、赤ワインのような色をした古い型のオデッセイが停まっているのを見つけたら、しばらく待っていてほ....... [続きを読む]

受信: 2006年9月 2日 (土) 13時21分

» 『流星ワゴン』重松清 [ひなたでゆるり]
流星ワゴン重松 清講談社2002-02by G-Tools ひきこもり、暴力をふるう息子。浮気を重ねる妻。会社からはリストラ寸前……死を決意した37歳の僕は、死んだはずの父子が運転する不思議なワゴン車に乗り込んだ。不思議な話しだった。序盤はただただ辛く痛々しいばかりだったのが、橋本さん親子に出会い、橋本さんの運転する赤ワイン色のオデッセイに乗り込んでから全体を包む優しさと暖かさに満たされていた。決して綺麗ごとでないリアルな家族模様。先に希望の見出せない崩壊した家庭を元に戻すことは可能なのか。すがる... [続きを読む]

受信: 2006年9月 2日 (土) 21時35分

» 流星ワゴン 重松清 [slowlearner]
流星ワゴン 重松 清 いつから、両親というものが不安定な「男」と「女」の組み合わせであったと気づいただろう。 いつから、家庭というものが実は脆いものなんだ、と気づいただろう。 いつから、自分の人生に諦め、という言葉が滲み始めたのだろう。 そんな風に振り返させられた小説でした。昨夜、お風呂で一気読み。 本の帯には「泣ける小説」的なコピーがついていましたが・・・ 残念、涙のひとつも出やしません。冷たいオンナ(笑) 天邪鬼な私は、つい「泣ければ良い小説ってい... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 10時53分

» 『流星ワゴン』 [功夫日記]
ついさっき、『流星ワゴン』を読み終えました… ちょっと泣いたし。。 よかったわー、ほんとに。 ずーっと、ブログの右の方でおすすめしてたわりに、今読み終えました。 本当は借りて読ませてもらう予定だったんだけど、 衝動を抑えられず、自分で買って読みふけってしまいました… 根本的な設定としては、そんなに新しくもない気がするんだけど、 話が進んでいくにつれてどんどんのめり込んでしまい、 結局この時間になってしまってるわけです。 最初の頃の登場人物の会話なんて、下手したら「ホラー... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 22時11分

» こんなサイトがありました [こんなサイトがありました]
こんなサイトがありました なかなか楽しいですよ http://www.1happy-net.com/nanpabicban.html ぜひ観てください。 [続きを読む]

受信: 2006年9月15日 (金) 21時56分

» 地下鉄(メトロ)に乗って [日本映画タイトルDVD]
DVD通販ココが一番安い」は、日本映画タイトルDVDの一番安い価格情報をお知らせします! [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 15時11分

« スーパーマン・リターンズ | トップページ | デスノート (コミック)  »