« 満月  | トップページ | 通勤地獄 バス停のおばちゃん »

2006年7月 4日 (火)

リプレイ(Reプレイ)

★★★

 ケングリムウッドの小説とは、全く違う作品なので間違えないように・・・
 どちらかというとメメント風味の、記憶パズルゲームといった趣向の映画である。
 2000年から2002年までの2年間の記憶をなくした主人公が、過去と現代を行ったり来たりする。そして自分の責任で引き起こした兄の死の原因を、過去に遡って修正しようと試みるのだ。

リプレイ DVD リプレイ

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2004/09/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 このあたりの設定は、とても好きなテーマで、その後に創られた『バタフライエフェクト』に、かなりの影響を与えていると思う。
 ただこの作品を、諸手を挙げて賞賛出来ないのは、エンディングの種明かしにある。小説の場合に、「実は夢だった」というのが、最悪であるように、この種明かしも余り感心出来るものではないね。
 

僕のランクをみてね

↓  ↓ ここです

人気blogランキングへ

|

« 満月  | トップページ | 通勤地獄 バス停のおばちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2500026

この記事へのトラックバック一覧です: リプレイ(Reプレイ):

» 映画評「Re:プレイ」 [プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]]
☆☆★(5点/10点満点中) 2003年イギリス映画 監督ローランド・ズゾ・リヒター ネタバレあり [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 00時54分

» オチはどこにある? 『Re:プレイ(リプレイ)』 [毎日が映画日和]
交通事故にあい、病院に担ぎ込まれたサイモンは2分間心停止を起こしつつ奇跡的に一命を取り留める。しかし目覚めたサイモンは過去2年間の自分の記憶がなくなっていることに気付き、残された記憶の断片をたどりながら失われた過去を探し始めるというストーリー。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 08時37分

» Re:プレイ #320 [映画のせかい2]
2003年 アメリカ 91分 The I Inside 病院のベッドで目覚めたサイモン・ケーブル(ライアン・フィリップ)は、事故が起きた2000年から2年間の記憶が失われていた。その前の記憶、生年月日や親の名前は覚えているのに、妻の名前が思い出せない。そこへ妻らしき女性が現れる..... [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 21時04分

» 「Re:プレイ」って知ってる? [BIGLOBE平社員ブログ]
冬休み突入のしょっぱなは久々レンタルDVD見てみました。 劇場公開時気になっていたけど見逃した「Re:プレイ」という映画。 この映画、謎が多いストーリーなので前から気になっていたんですよね。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 12時42分

» Re:プレイ [真っ赤なメガネの言うことには]
Re:プレイ 原題THE I INSIDE 2003年 ライアン・フィリップ・・・・・・・・太った? なんでこーアメリカ人てのはさー太るンだよ!俳優なら体重管理くらいしっかりやりやがれ! それともこれは役作りなのか?そんなわけねーっしょー。なんであ...... [続きを読む]

受信: 2006年8月13日 (日) 00時19分

» [Re:プレイ] ネタバレ編〜この映画の最大の「オチ」〜 [DUMMY FAKE ROLLERS]
{/ee_1/}このレビューでは、この映画の最大の「オチ」を推理をしていますので、ネタバレだらけです。 まだ映画をご覧になっていない方は、ネタバレのないコチラの映画紹介ページから ご覧になることをオススメします。⇒[どんでん返しのある映画] Re:プレイ (ネタバレなし編) リプレイ (THE I INSIDE)ミステリー/サスペンスメメントやユージュアルサスペクツが 好きなら観て損はないと思います ■まず、以下の2点は�... [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 01時07分

» 【洋画】Re:プレイ [ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!]
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B+ (演技4/演出3/脚本3/撮影4/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力3/テンポ4/合計35) 『評論』 本作の... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 13時33分

« 満月  | トップページ | 通勤地獄 バス停のおばちゃん »