« リプレイ(Reプレイ) | トップページ | バルトの楽園 »

2006年7月 8日 (土)

通勤地獄 バス停のおばちゃん

  朝の通勤時に、いつもあとから来ては、バスの時刻表を見る振りをして、そのまま知らん顔で一番前列に居座ってしまうおばちゃんがいる。割込まれた5、6人の人達はいつも皆呆れ顔で、おばちゃんを眺めているが、誰も注意する人もいないんだね。「別に一人位入ったからといって、たいして損するわけでもないし、どうでもいいや」と、まるで知らん顔。

Kc240142  だからおばちゃんは、益々我儘になって毎日堂々と同じことを繰り返している。僕はおばちゃんに対してだけでなく、こうしたやる気のない周りのムードにも我慢できなかったんだね。
 ある日、ついにおばちゃんに注意してしまった。おばちゃんは、知らんぷりしながらも、表情ひとつ変えずじわりじわりと後ろのほうへ下がっていった。周りの人に同意を求めたが、皆「我感ぜず!」と横を向いてしまった。おいおい僕のほうが悪いのかと錯覚してしまった。あ~あやだやだ。
 次の朝、またおばちゃんが来た。もしまた割込んだらどうしょうと思っていたら、おばちゃんは僕の顔をジロっと睨むと、列の真中あたりにあるベンチにどっこいしょと腰掛けた。あ~あよかった。やっぱり反省したんだ。昨日の注意は無駄ではなかった。うん。勝手に僕なりに満足していると、バスがとろとろとやって来てバス停に停まった。するとドアが開く瞬間におばちゃんが物凄い勢いで、ベンチから立上り、バスの中に飛び込んでいった。あれれれ。まいったね。

 僕のブログ順位をみてね

↓  ↓ ここをクリック

人気blogランキングへ

|

« リプレイ(Reプレイ) | トップページ | バルトの楽園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2548636

この記事へのトラックバック一覧です: 通勤地獄 バス停のおばちゃん:

« リプレイ(Reプレイ) | トップページ | バルトの楽園 »