« カーテンコール | トップページ | 異邦人 fusion »

2006年6月24日 (土)

不撓不屈

★★★★

 いゃあ熱い!実に熱い作品だった。この物語は、TKCの創設者飯塚毅氏の若かりし日の記録である。
 TKCといえば東証一部上場会社であり、全国税理士事務所のコンピューターシステムを束ねている会社なのだ。これほど大きな仕事を成し得た税理士は、少なくとも日本では飯塚氏をおいて存在しないだろう。

Scan10077  この映画は、彼がまだTKCを設立する前、一介の税理士時代に、国税局を相手どって戦った話が中心になっている。それは年配の職業会計人なら誰でも知っている、あの『飯塚事件』の全貌なのだった。
 この事件についての詳細は省略するが、当時『決算未払賞与』が脱税なのか、節税なのかを国税局と裁判で争ったことが発端となり、国税側よりかなり卑劣なイヤガラセを受けている。
 この事件の終結には、なんと7年もかかり、その間に飯塚事務所は多くの顧問先を失い、職員4名が逮捕までされている。結局最後まで、正義感と不撓不屈の精神を捨てなかった飯塚氏の勝訴となるのだが、彼は国に損害賠償請求をしなかったという。
 損害賠償請求訴訟という後向きの道を切り捨てた飯塚氏は、ドイツ税法を学び、コンピューター時代を予見し、TKC立ち上げに奔走する前向きの道を選択したのだ。
 それにしてもど偉い男だ!。私も独身時代は職業会計人をめざし、税理士事務所に籍をおいていたので、飯塚氏の生き様にはかなり共感できるのである。
 公認会計士は、大企業の会計処理などを監査することが主な仕事であるが、税理士は税務書類や会計帳簿の作成が主たる業務である。
 また多くの大企業には、優秀な経理マンがいるので、税務書類の作成等は自社で行っている。そして国税局との政治的な交渉役としては、特例試験で税理士資格を得た国税OBが顧問税理士として関与しているのだ。
 従って難しい試験を受けて税理士となった民間出身の税理士は、零細・中小企業を顧問先に選ぶより術がないわけである。また当局との交渉についても、当局とのコネがないため法律の解釈論で、まっとうに戦うしかない。
 民間出身の飯塚氏も、まっとうに戦い、国税局の調査官を打ち負かしてしまった。だが、その後その調査官が出世し、過去に恥をかかされた恨みを報復することになってしまうのだ。そしてそのことが、『飯塚事件』を複雑にかつ泥沼化させてしまったのである。

不撓不屈〈上〉 Book 不撓不屈〈上〉

著者:高杉 良
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 これはよくあるドラマではない。 実際にあった話なのである。
 今でこそ税務署や国税局の対応は丁重であるが、昔はいろいろと問題があったようだ。それは現在でも公然と賄賂が横行している低開発国の役人たちの現状をみれば納得出来よう。
 さて飯塚毅氏には2回お目にかかったことがあるが、彼のパワーと正義感と勉強熱心さは脱帽するばかりである。
 1度目は彼がTKCを立ち上げた頃、私が所属する事務所でも、TKCの端末機導入の話があり、彼の説明会を聞きに行ったのである。
 そこで彼がコンピューター会計導入のため必要となる『コード付勘定科目ゴム印』について、次のように語ったのを今でも鮮明に覚えている。
 「コンピューター会計を導入すると、『コード付勘定科目ゴム印セット』の購入が、顧問先の新たな負担になってしまいます。それでは零細企業の顧問先に申し訳ない。」
 「それで自らハンコ屋と交渉し、もし通常の半値で納入してくれなければ、自分がハンコ屋を開業する!」

 「いずれTKCが全国規模になり、ものすごい数の科目印セットが必要になるが、そのときに後悔するよ!そう言ったら、ハンコ屋が半額に値引きしてくれました。」
 「もちろんTKCではその分を決してピンハネしません。だから、顧問先には最小限の負担で利用していただけるのです。」
 ・・・と言うのだ。このときの彼のパワーと自信に満ち溢れた言葉には返す言葉もなく、ただただ凄い人だ!と感じるばかりだった。

Scan10031  2度目に飯塚氏に会ったのは、彼が70才をかなり過ぎたころだと思う。日本生産性本部で行われた原価計算のセミナーに、なんと彼が部下と一緒に聴講生として参加しているではないか。
 その頃の彼は、公認会計士の資格も得、TKCの総帥でもあったはずである。それにしても彼の勉強熱心さには驚いたものだ。
 彼は大正8年に栃木県で生まれ、2年前に鬼籍に入っている。彼のような男なら、税理士に限らず何をやっても成功したであろう。
 それにしても、大正時代に生まれた人々には、素晴らしい男たちが多い。時代背景もあるが、今後はこうした傑出した男たちの登場はほとんどあり得ないだろうね。淋しい限りである・・・。
 ただ映画の中で、ちょっと腑に落ちなかったのは、弟子4人の逮捕後に飯塚氏が、ホテルに雲隠れしたことだ。あれほど自分にはやましい事はないと貫き通していたのに、なぜ逃げ隠れしたのだろうか。それから出所後の弟子4人の集団退職についても、納得出来る説明がなかった。
 滝田栄が演ずる『飯塚毅』は、誠実で正義感の塊のような人物であったが、あれだけの仕事を成し得た人だ、実際にはもっとドロドロした、したたかさをも併せ持っていたのかもしれないね。

★クリックして僕の順位を見て下さい

↓ ここをクリック ↓

人気blogランキングへ

|

« カーテンコール | トップページ | 異邦人 fusion »

コメント

TBありがとうございました。
”したたかさ・・・”については、私も同感です。敢えて、そういうところを描いてくれてもよかったのかもしれないですね。

投稿: きたあかり | 2006年6月24日 (土) 23時45分

TB有難うございます。

実際の飯塚さんを知っていらっしゃるとは、凄く羨ましいです。
常に相手の事を考えての行動は素晴らしいですね。彼のような人はもう出てこないのでしょうか、豪快で一本気な平成人も出てきて欲しいです。
僕もそうならんどダメなんですが。

投稿: yamasan | 2006年6月25日 (日) 04時02分

きたあかりさん、コメントありがとう。
不撓不屈は、税法というものを映画化した珍しい作品ですが、税法を知らない人にも楽しめたと思います。

yamasanさん、コメントありがとう。
平成豪快人の代表が、ホリエモンのはずだったのですが・・・彼が今後巻き返しを図って、より大きく成長する事を期待しています。

投稿: ケント | 2006年6月25日 (日) 09時32分

ケントさん こんにちは^^
TBありがとうございました。

ケントさんと同じく腑に落ちない点がまさしく同じ箇所でした。でもそこのところは長男が父に会いに行き「手紙」で父を励ますところを描きたかったのかと勝手に思っていました^^
(そのシーンで涙がポロポロ落ちてしまったのものですから。。)
集団退職のところは本を読んだら解るのかなぁと思うのでチェックしてみたいと思います。

投稿: tancya | 2006年6月25日 (日) 12時14分

tancyaさん>コメントありがとう
やはり、疑問に感じるところは同じなのですね。僕もホテルでのシーンでは大泣きでした。涙で誤魔化されてしまいそうですね。(笑)
集団退職の原因が判ったら、教えてくださいね。

投稿: ケント | 2006年6月25日 (日) 12時50分

ケントさんTBありがとうございました。
自分のブログで初めてのTBのお客様で大喜びしてしまいました。
不撓不屈についていろんな意見があるようなので、じっくり読ませていただきまた遊びにこさせていただきます。
「海辺のカフカ」。。。というか村上春樹さん私も大好きなんです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: かっぱば | 2006年6月26日 (月) 00時17分

かっぱばさん、コメントありがとう
しかし、面白いニックネームですね。
この映画は旦那さんと観たようですが、確かに女性には退屈かも知れませんね。
ときどき遊びに来てください。

投稿: ケント | 2006年6月26日 (月) 13時20分

上のトラックバックの皆様のブログにも
おじゃまさせていただきました。
いろんな方の感想が読めてとても楽しかったです。
これからちょくちょく遊びにこさせていただきます!
映画の後はかならず「映画生活」をチェックしてたのですが、
これからは、ブログめぐりも加わりそうです♪
映画ってみたあとその内容について語れるのが
いいですよね!

投稿: かっぱば | 2006年6月26日 (月) 18時38分

トラックバック、ありがとうございます。ケントさんのプライベートな部分が出ていて、とても興味深く読ませてもらいました。飯塚事件の主役の本物さんとお会いしたなんて、本作の生き証人ですね。
本作の「国税局」のあらまし、飯塚氏のホテルへ隠れる事態・・・これらは、どこまで描ききったかわかりません。映画はテレビと違いますが、あまり過激だとメスを入れられ、お蔵入りになる可能性もある。実際、現在でも埋もれている作品が少なくない。そうなると、大赤字です。可能な限り脚本を練り上げ、公開したものだと解釈しています。
いつもご丁寧なコメント、感謝しています。ありがとうございます。  冨田弘嗣

投稿: 冨田弘嗣 | 2006年7月13日 (木) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2360546

この記事へのトラックバック一覧です: 不撓不屈:

» 映画「不撓不屈」 [いもロックフェスティバル]
滝田栄主演の映画『不撓不屈』の試写会に行った。 不撓不屈(ふとうふくつ)といえ [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 21時35分

» 不撓不屈/滝田栄、松坂慶子、中村梅雀 [カノンな日々]
特に観たかったわけじゃないけど評判良さそうだったし時間的に合ったので観てみることにしました・・・ケド、別に観なくてもヨカッタかも(笑) ウーン、何だかTVの2時間モノドラマって感じでなんですよね。 +++ちょいあらすじ... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 21時55分

» 不撓不屈 [ネタバレ映画館]
 またもや高度成長期の物語。輝かしい日本企業の活躍の裏にはこうした事件が隠されていた!知らなかった・・・ [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 22時07分

» 不撓不屈 (2006) 119分 [極私的映画論+α]
 故郷の栃木県鹿沼市と東京に会計士事務所を構える税理士、飯塚毅。その顧客は中小企業の経営者たち。脆弱な経営基盤しか持たない彼らのために、時に国税庁のキャリア官僚とも真正面から渡り合うことも厭わない謹厳実直な男。しかし、そのことで飯塚は国税局から目を付けられてしまう。やがて国税局は飯塚が顧客に勧めていた節税対策に対し“脱税”の嫌疑をかけ、その他あらゆる手段を用いて飯塚の追い落としに乗り出すのだった…。 映画館 �... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 23時38分

» 不撓不屈(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】森川時久 【出演】滝田栄/松阪慶子/三田村邦彦/田山涼成/中村梅雀/北村和夫/夏八木勲 【公開日】2006/6.17 【製作】日本 【ストーリー】 税理士の飯塚毅は、中小企業の経営と従業員への利益還元のための節... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 00時13分

» 「不撓不屈」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「不撓不屈」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:滝田栄、松坂慶子、三田村邦彦、田山涼成、中村梅雀、北村和夫、夏八木勲、他 *原作:高杉良 *監督:森川時久 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ち..... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 02時35分

» 不撓不屈~この男ただ者ではない [Osaka-cinema-cafe]
2月公開の「燃ゆるとき」 から早くも、高杉良作品の 映画が登場。 飯塚事件を描いた、実名小説の映画化。 滝田栄主演 映画「不撓不屈」 税理士、飯塚毅(滝田栄)は、正義感溢れ、不正を嫌う男。 中小企業を助けたい、その願いで彼が考えた節税対策が、 脱税指南だとして、国税庁に調査を受けることになった。 これは国税庁相手に訴訟を起こしていた飯塚に対する、 国税庁の嫌がらせ、権力乱用である。 一歩も引かない飯塚に対して、国税庁は飯塚と契約している会社に 脅迫的な調査を続け、飯... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 03時59分

» 不撓不屈 [Take it Easy]
本は読んでいないし、税務や税法など難しいことはわからないが、 正しいと思うことを決して曲げず、確固たる信念を持って闘う男の姿には感動。 [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 08時53分

» 不撓不屈 [おもいでは茜いろ]
「飯塚事件」といわれる実話に基づく映画を見てきました。原作 高杉良氏の「不撓不屈 [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 12時19分

» 不撓不屈 [Enjoy Life♪]
税理士・飯塚毅が中小企業の経営と従業員への 利益還元のため勧めていた節税対策。 しかし、これを認めない国税局と、 飯塚は約7年に及ぶ想像を絶する 対立を繰り広げることになる。 ********************** これでもか、これでもか ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 15時38分

» 『 不撓不屈 』 [My Style]
『 不撓不屈 』を鑑賞。 きっと自力では選ばなかったであろうこの映画。 会社から前売り券を頂いたので、妹と出かける。 原作は高杉良の同名小説だそう。 国家権力に毅然と立ち向かう一人の男の話。 それにしても、どうしてお国?お役所?と言われるところは、 こういう体質なのか。 当局に抗う者には、権力を振りかざし理不尽なまでの行為を 繰り返す。 が、立ち向かったその男は信念を曲げることなく人としての 誇りをもってまさに�... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 16時45分

» 映画[不撓不屈](フトウフクツ)はいい映画だ [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
「不撓不屈」映画公開に原作者・高杉氏が駆けつける (サンケイスポーツ) - goo ニュース この映画の原作は高杉良さんのベストセラーとなった「不撓不屈」。 一税理士と国税庁が死闘を繰り広げた「飯筭事件」の実話なのだ。 まさに、「今の日本人に欠けているものを飯塚さんの骨太な生き方」だと思った 「高杉良さんの金融腐蝕列島」や「呪縛」も面白かった。 監督: 森川時久音楽: 服部克久 / 脚本: 竹山洋 キャスト 滝田 栄 松坂慶子 三田村邦... [続きを読む]

受信: 2006年6月26日 (月) 17時28分

» 「不撓不屈」もシニアに人気? [映画コンサルタント日記]
興行通信社発表の動員順週末ランキングTOP10では公開2週目で10位にランクイ [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 20時22分

» 『 不撓不屈(ふとうふくつ) 』 [やっぱり邦画好き…]
 公式サイト 映画 『 不撓不屈(ふとうふくつ) 』  2006年:日本   【6月ロードショー】 [ 上映劇場 ] 監 督:森川時久 脚 本:竹山洋 原 作:高杉良  高杉 良 不撓不屈〈上〉  高杉 良 不撓不屈〈下〉 [ キャスト ] 滝田栄 松坂慶子 三田村邦彦 田山涼成 中村梅雀 高橋長英 織本順吉 高田敏江 北村和夫 夏八木勲 その男、ただものではない。 すべてを... [続きを読む]

受信: 2006年6月30日 (金) 03時29分

» 不撓不屈 [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
2006年6月17日 劇場初公開 公式サイト: http://futo-fukutsu.cocolog-nifty.com/ 池袋東急 2006年6月29日(木)13時30分の回 ゴウ先生総合ランキング: C+   画質(ビスタ): B+   音質(ドルビーステレオ): B... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 11時12分

» 映画 『不撓不屈(ふとうふくつ)』 ☆今年57本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
仕事絡みで鑑賞券をいただいたので、鑑賞。 実際にあった一会計士と国税庁との7年間にもわたる攻防を描いた作品。 地味なストーリーとキャストなので、劇場はガラガラなのかと思ったら意外なことに3分の2以上、座席が埋まってる! 私のように鑑賞券をもらって来てる人が...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 17時41分

» 映画 『不撓不屈(ふとうふくつ)』 ☆今年57本目☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
仕事絡みで鑑賞券をいただいたので、鑑賞。 実際にあった一会計士と国税庁との7年間にもわたる攻防を描いた作品。 地味なストーリーとキャストなので、劇場はガラガラなのかと思ったら意外なことに3分の2以上、座席が埋まってる! 私のように鑑賞券をもらって来てる人が...... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 17時42分

» 優待で「不撓不屈」 [楽しい株主優待生活]
東急レクの優待で見てきました♪ 公開初日の事もあり、ほぼ満員! 上野で見たからなのか、骨太の作品だったからなのか 年配男性の比率が普段より高かったです。 客層は「男達の大和」の時と似通った感じでした。 一人の税理士が国税局に闘いを挑む。 そんな無謀な闘いが実話というのはオドロキです。 いくら信念があっても、相手は国家権力を振りかざしてきますから。 市井の人達を、長い間いたぶり続ける執念って怖いなぁ。 映画では2時間程度で�... [続きを読む]

受信: 2006年7月 2日 (日) 22時22分

» 不撓不屈 [映画評論家人生]
動物園前シネフェスタ どこで聞いたか、どこで知ったか、私は飯塚事件を知っていた。高杉良原作のドキュメント小説を脚本化し、映画化となった。何を今更と思うが、景気不景気が不安定な現在、こんな時代だからこ... [続きを読む]

受信: 2006年7月13日 (木) 02時35分

» 不撓不屈/高杉良 [文学な?ブログ]
飯塚毅氏を偉大な人物として崇めるか、あるいは目指すべき人物として近づこうとするか、これは大きな違いだと思います。日本の腐敗した官僚制度を嘆くより、信念を貫いた日本人がいたことに喜びを感じます。 税理士の飯塚毅は、税務当局を相手に訴訟を起こしました。このことで面子を潰された当局は、飯塚に対して国家権力を使って圧力をかけます。強大な力の前に風前の灯火となる飯塚ですが、彼の決して折れない心が周囲の目を開かせます。 飯塚氏の素晴らしいところは、事件がほぼ勝利で片付いた後、国家賠償を求めず、自らな... [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 00時54分

» 【劇場鑑賞70】不撓不屈 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
”飯塚事件” 権力と闘った衝撃の実話。 1963年、税理士・飯塚毅は、たった一人で権力を相手に闘った・・・ すべてをかけて守るべき者がいる。 [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 15時39分

» 映画 『不撓不屈』 [Death & Live]
『不撓不屈』 監督 : 寺田 昭男 なかなか、力強い、いい映画でしたよね。 滝田栄が真面目な男を真面目に演じていて、 この役、他の人じゃ想像できませんぜ。 松坂慶子とかも、彼女にしか言えないセリフとか、仕草とか、 他の女優さんだったら笑っちゃうというか、 苦笑してしまいそうなデレデレなことを 嫌味なく演じてしまうところ、やっぱすごいッス。 三田村邦彦とか他の脇の役者たちも、 上手いんですよね。... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 13時31分

» 不撓不屈 [映画鑑賞★日記・・・]
『不撓不屈』公開:2006/06/17製作国:日本監督:森川時久原作:高杉良『不撓不屈』(新潮文庫刊)出演:滝田栄、松坂慶子、三田村邦彦、田山涼成、中村梅雀、北村和夫、夏八木勲難しいことはよくわかりませんがこれってお役人の中小企業いじめみたい。そのいじめに負けなか....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 08時50分

« カーテンコール | トップページ | 異邦人 fusion »