« 名残りの雪 | トップページ | ブルータワー »

2006年6月15日 (木)

鉛温泉

 新花巻温泉の一番奥にある古い湯治場である。自炊部から入館し、帳場で料金を払って名物「白猿の湯」に向かう。地下一階と一階が吹き抜けになっている天井の高い風呂場であった。
 湯船は楕円形で中くらいの大きさ、湯船の中央は1.5メートルとかなり深い。おばあちゃんや子供は背が立たないだろう。それで女性たちは、風呂の縁に手をついて、背を向けた格好で入湯している。

1202077_img   入口は二つあり、階段を降りきったところに脱衣所があり、以前は湯船から丸見えであったが、最近つい立が出来た。当然混浴であるそれでも意外と女性が次から次へと入ってくる。

 建物は古い病院のような感じで、風呂や売店などを挟んで二つの廊下が平行している造りで、なかなか古の趣がある。大正から昭和初期の時代にタイムスリップした感があった。
 

 体の芯まで温まった鉛の湯は、いくら体を拭いても汗が滴り落ちる。短パンにランニングシャツ一枚の格好で旅館の裏手に出た。豊沢川がゆったりと流れる。
  このあたりは浅瀬が多い。河の中央でも膝あたりの深さだ。また川の所々に石が見える。そして川の流れがそれにぶつかり白い飛沫が踊っている。
 川の中には釣り人が3、4人長い竿から釣り糸を垂れている。橋の欄干には数匹のトンボがじっと佇んで川の流れを見とれているかのようだ。空にはトンビが気持ちよさそうに、ふんわりふんわりと宇宙遊泳だ。やっと汗も引いてきたな。

今日もクリックお願いします

↓ ここです

人気blogランキングへ

|

« 名残りの雪 | トップページ | ブルータワー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2232886

この記事へのトラックバック一覧です: 鉛温泉:

» 混浴と自炊旅館 [温泉旅館の経営者が教える旅館選び]
↓今のランキングは何位でしょう? ---------------------------------------------- 混浴風呂がある温泉旅館や温泉地が現在ブームである、と聞きます。 大き目の浴槽を混浴にしているところがありますが、私のおすすめは もっと小さめの浴槽です。 小さな浴槽....... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 17時43分

« 名残りの雪 | トップページ | ブルータワー »