« 鉛温泉 | トップページ | あしたはきっと・・・ »

2006年6月17日 (土)

ブルータワー

 直木賞作家である著者が、満を持してSFに初挑戦した大作である。本作を書くにあたって、著者は「現在日本の出版界は社会的リアリズム全盛で、SFやファンタジーなど想像力に傾斜した小説は商売にならないといわれている。天邪鬼なぼくは、今こそファンタジーを始める時期だと思う」と語ったそうだ。
 SFファンにとっては非常に嬉しく、心強い言葉である。そしてかつてのようにSFブームを巻き起こしてもらいたいと願う。

ブルータワー Book ブルータワー

著者:石田 衣良
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さてこのように期待は大きく膨らんだのだが、残念ながら従来のSFの殻を打ち破るほどの大殊勲はあげられなかった。
 ストーリーは、脳腫瘍を病む主人公瀬野周司が、その激しい痛みとともに200年後の世界へ「精神だけ」タイムスリップする。その未来は暗く、黄魔と呼ばれる生物兵器に汚染されていた。人々はその黄魔から身を守るため、2Kmの巨大なタワーを作り、その中でヒエラルキー社会を構築しているのだった。そうしたタワーのひとつで旧新宿にそびえるのが、『ブルータワー』(青の塔)なのである。
 瀬野周司の精神が移転する体は、そのタワーの最上階近くに住み、ブルータワーの特権階級での一人セノ・シューであった。彼は正義感に燃え、黄魔から世界を救おうと、未来と現代を何度も往復するのである。
 ここまで話せば、映画ファンならなんとなく『マトリックス』や『バイオハザード』等を組み合わせたような臭いを感じるであろう。もう少しオリジナリティーが欲しかったね。
 またハッピーな結末は良いのだが、あの親切過ぎるエピローグは、不要だったのではないだろうか
 だからと言って決して駄作ではないし、つまらない作品ではない。余りにも期待を膨らませ過ぎた裏返しなのだろう。著者の次回SF作品に期待したいところだ。
 ところで映画化すればヒットしそうだが、大人の視覚に耐えられる作品に仕上げるには、莫大な製作費が必要となるので、日本だけの配給では難しいだろうね。 

※僕の順位を確認してね

↓  ↓ ここです

人気blogランキングへ

|

« 鉛温泉 | トップページ | あしたはきっと・・・ »

コメント

はじめまして。
トラバありがとうございます。
最近は、石田さんの本を結構読んでおりますねぇ~。
最近は結構TV出演されてる感が・・・ありますね♪

投稿: みかん | 2006年6月17日 (土) 21時54分

こんにちは、みかんさん。コメントありがとう。
石田衣良の作品はよく読まれるのでしょぅか?
僕は時間テーマSFということで、本作を読んだのですが、ほかにお薦めはありますか?

投稿: ケント | 2006年6月18日 (日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2257052

この記事へのトラックバック一覧です: ブルータワー:

» 面白い本紹介にコメント! [最新本に辛口コメント。テキトー批評。]
最新の本をテキトーにコメントしてます。一緒にコメントしましょー。 [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 01時02分

» しそ油入りにんにく卵黄『おとひめ美身』お試し [無料・激安〔お試しサンプル〕専門店(健康食品・サプリ版)]
このようなお悩みでお困りの方に最適です! ● お通じ  ● 冷え ● 肩こり ● 疲れやすい ● 肌荒れが気になる ● 風邪をひきやすい  ● 朝起きられない ● 花粉で困っている [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 11時33分

« 鉛温泉 | トップページ | あしたはきっと・・・ »