« 不撓不屈 | トップページ | ウルトラバイオレット »

2006年6月25日 (日)

異邦人 fusion

 いゃ~驚きましたよ。なんと面白い小説なのでしょうか。朝の通勤時に読み始めて、帰りの電車では一気に読了してしまいました。
 西澤さんの本は、『七回死んだ男』以来ですが、どうやら「SFミステリー」というジャンルを確立しそうな勢いを感じましたね。
 さてストーリーをかいつまんでご紹介しましようか。
 主人公の永広影二は、東京の大学で助教授をしていて、郷里に帰るため羽田から飛行機に乗ります。

異邦人―fusion Book 異邦人―fusion

著者:西澤 保彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 搭乗前に空港から、実家にいる姉の美保に電話を入れると、『月鎮季里子』の小説を買って欲しいと頼まれるのでした。月鎮季里子とは、昔の姉の恋人であり、現在は東京で小説家になっているというのです。
 そう、姉はレズビアンだったのです。そして季里子とかけ落ちする予定が、父の急死によって中止になり、意に反して家業の食堂を継ぐことになってしまったのであります。
 「父の死」、それは23年前に郷里の砂浜で起きた殺人事件であり、今だに犯人が捕まっていない謎の事件でした。
 もしこの父の死がなければ、姉も無理に養子をとって家業を継ぐ必要もなく、東京で季里子と幸福に暮らしていたと思います。それは全て、弟の影二を大学に入れるための自己犠牲だったのですから。
 そうしたやり切れない思いが、たえず影二を悩ましていたようです。この日は珍しく昔姉が編んだセーターと、やはり姉にもらった腕時計を身につけていたのです。

 そして郷里の空港へ着陸したとたんに、影二は23年前の世界へタイムスリップしてしまうのでした。
 ここで偶然、まだ14才だった天才少女月鎮季里子に出会い、3日後に起こるであろう、父の死を阻止することを決心するのです。

 ・・・とまあこんな感じでお話は、進んでゆくのですが、タイムトラべルやそのために引き起こされる「タイムパラドックス」についても、これでもかとばかり丁寧に解説されていました。
 ところで、新貨幣やクレジットカードなどが、過去に持っていけないのですが、手帳やボールペンは持っていけるものの、他人に渡すと消えてしまう。などなど、余り理論的ではない設定が気になりましたが、アイデアとしては面白かったと思います。もちろん作者も、このあたりは熟知していて、クドクドと言い訳がましい文章が繰り返されていましたね。
 なぜそうした設定にしたのか・・、例えば未来の品物を持ち込むことによって、歴史を歪めないためだとしたら、なぜ影二自身がタイムスリップ出来たのか?その疑問については、作者が先回りして言い訳をしていましたが、なにかすっきりしなかったことは 否めません。
 それはそれとして、前半のノスタルジックな描写と、終盤の犯人探しに加えて父親が助かるのかどうか~、の展開はハラハラドキドキで、ミステリー作家の面目躍如といったところでしょうか。
 ただハッピーな終わり方は良いとしても、あまりにもご都合主義過ぎる結未は、この作品の価値を少し下げてしまったような気がしてなりません。もし終わり方さえもっと上手にまとめていたら、広瀬正の『マイナス・ゼロ』に並ぶ名作に仕上がったのではと、余計に残念で堪りません。

※どうか、僕の順位を見てやってください

↓ 

人気blogランキングへ

ここをクリック

|

« 不撓不屈 | トップページ | ウルトラバイオレット »

コメント

コメント&TBどうもです。

西澤さんは好きな作家さんなので
とりあげて貰えて嬉しいです。

父の死の謎は驚きました(^^)

投稿: ユキノ | 2006年6月27日 (火) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/2374846

この記事へのトラックバック一覧です: 異邦人 fusion:

» 異邦人-fusion [時間旅行〜タイムトラベル]
西澤保彦[:読書:] 異邦人-fusion 23年前にタイムスリップした影二。 なんと父親が殺されることになる数日前だった。 影二は父の死を回避することができるのか!? 推理小説をたくさん出している 西澤さんだけあって、伏線がたくさんです。 タイムトラベルミステリーをどうぞ[:グー:] ・ハードカバー↓ ... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 00時22分

» だから言ったのに!○○しなさいって! [ライフサーバー]
問題を起こしてからでは遅いのです。早め早めに対処をしましょうね。 [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 13時35分

» クレジットカード [クレジットカード]
クレジットカード [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 22時10分

« 不撓不屈 | トップページ | ウルトラバイオレット »