« 地下鉄(メトロ)に乗って | トップページ | Vフォー・ヴェンデッタ »

2006年4月24日 (月)

春が来れば

★★★★

 主人公のヒョヌを演じるのは、オールドボーイのチェ・ミンシクである。
 彼は音楽家をめざすが、毎年オーケストラのオーディションに受からず、満足出来る仕事に有りつけないまま、いつの間にか中年になってしまったのだ。
 彼の心はだんだん荒んでゆき、出世した友人を罵倒し、愛する彼女とも別れる決心をする。そしてついに同居している母の元をも離れて、一人田舎の中学校の音楽講師として赴任することになってしまうのだった。

Scan10018  韓国の田舎の風景は、日本の風景とどことなく似ている。そしてその土地に住む人々の心が暖かいところも同じである。
 初めは中学生達を鍛えて、音楽コンクールで優勝するという、スポコン系のドラマかと思ったが、どうもそうではなかった。
 この作品で描きたかったのは、人の心の弱さと優しさ、強さと暖かさではないだろうか。胸が熱くなるシーンが多かったが、それは決してむりやり泣かせるわけではない。さりげない会話や行動の中で、自然と涙が流れてしまう構造なっているのだ。
 ラーメンをすすりながらの母との電話。海辺で少年が吹く、トランペットの美しい曲。炭鉱で奏でる、元気一杯の吹奏楽。露天商の老婆との会話。薬局の美少女の純真な心。などなど、言葉だけで書いても判らないが、これに映像と役者さん達の演技が加わると、なんともいえない郷愁を感じてしまうから不思議である。
 ことに口うるさいが、いつも息子のことを心配してくれる母親の存在は、とてもありがたいものだ。僕のおふくろも、晩年の数年間を除けば、いつも僕や弟の心配ばかりしてくれたものである。
 こうして主人公は、次第に生きる勇気と喜びを体感し、より強くより優しく生きることを決意することになるのである。久しぶりに、とても心暖まる後味の良い映画でした。
 
僕のブログのランキングは?

↓ ↓ ↓

人気blogランキングへ

|

« 地下鉄(メトロ)に乗って | トップページ | Vフォー・ヴェンデッタ »

コメント

映画「春が来れば」の広報コラム
「これこそが韓国独身男性の真実の姿だ!」を
書いて最近日韓両国の映画ファンから
賛否両論を巻き起こしている韓国人作家・
金智羽。彼は昨年「韓国男性に
恋してはいけない36の理由」という本を
日本で出版し、韓国内で猛非難の嵐に
遭ったそうです。
その彼のウェブサイトを偶然見つけたので、
ここに紹介しておきます。
http:www.kimjiu.com

投稿: hanami | 2006年4月25日 (火) 13時42分

コメント有難うございます。「韓国男性に
恋してはいけない36の理由」面白そうですね。

投稿: ケント | 2006年4月25日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/1525623

この記事へのトラックバック一覧です: 春が来れば:

» 春が来れば/チェ・ミンシク、キム・ホジョン、チャン・シニョン、イ・ジェウン [カノンな日々]
ラストシーンを観て、公開時期をこのタイミングに合わせてくれたことにとても感謝です。ぜひ、陽気の良い日中、そして桜が気持ちよく咲いてるうちにご観賞されることをオススメしたいです。 +++ちょいあらすじ... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 21時31分

» 春が来れば [ネタバレ映画館]
 オービスには気をつけよう!ラーメンと酒だけの生活はやめよう!テレビを見ながらウンチするのはやめよう!人生、捨てたもんじゃないよ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 22時24分

» 「春が来れば」 [the borderland]
韓流ブームの亜流ぐらいには乗っていたのですが、最近、韓国映画観るのはめっきり減ったんですよね。でもチェ・ミンシク、ソン・ガンホ、チョン・ジヒョンの作品は観たい、最近はそこにぺ・デゥナも入るな。これはチェ・ミンシクが出てないと見逃していただろうという作品でしたが、ダメ男の再生物語って好きなんです。感情移入昨年の個人的NO.1「サイドウェイ」にも通じるとこもあって、楽しめました! 【ネタバレです】 淡々と物語が進むのだけど、濃いキャラが多いチェ・ミンシクが、普通の男を演じるというだけで興味津々で... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 22時30分

» 春が来れば [cinema review folder]
 韓国名優チェ・ミンシク主演作品、実は既に一昨年の東京国際映画祭アジア部門で出品されていた。この時の仮題が「花咲く春が来れば」であった。直訳がそういうことなのだろうか。  確かにこの映画はいい映画だった。ちなみに今回が初見だ。... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 23時23分

» 春が来れば:力を抜いて、しみじみと人生を思う シネマスクエア東急 [気ままに映画日記☆]
トランペット奏者のイ・ヒョヌ(チェ・ミンシク)は楽団に入りたくてオーデションをうけ続けているがどうしても採用されない。もういい年になっているのに、音楽では食べていけなくて、恋人ヨニとの仲もうまくいかなくなってしまった。 楽器のレッスンとクラブでのサックス..... [続きを読む]

受信: 2006年4月24日 (月) 23時55分

» 映画「春が来れば」 [ちょっとひとことええでっかぁ〜♪]
『傷だらけで、落ちこぼれて。それでも人生は 悪くない。』 このコピーと主演がチェ・ミンシクだったのと、吹奏楽に釣られて観ました。 [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 10時29分

» 春が来れば [いつか深夜特急に乗って]
「春が来れば」★★★★ (盛岡フォーラム3)2004年韓国 [続きを読む]

受信: 2006年7月19日 (水) 05時58分

» 『春が来れば』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『春が来れば』(韓題... ...花咲く春が来れば) チェミンシク/キムホジョン/イジェウン/ユンヨジュン他出演! junsanga的評価 ★★★★☆(4つ...) 【1】しんみりと観客の心に訴えてくる...うーん良い映画...... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 14時39分

« 地下鉄(メトロ)に乗って | トップページ | Vフォー・ヴェンデッタ »