« この胸いっぱいの愛を  | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »

2006年3月21日 (火)

SPIRIT スピリット

★★★★

 舞台は1900年前後の中国だが、最近流行りのハリウッド資本入りの香港映画だという。予告編では、ジェット・リーが異種格闘技に挑み、米国人のプロレスラーや、日本人で剣の達人である中村獅童と戦うシーンばかりを写していた。
 それでチョット話の展開を、読み違えていたかもしれない。確かにバリバリのアクションシーンの連続で、ジェット・リーここに極まれりという映画なのだが、何かを一味プラスしたという感じで、なかなか素晴らしい出来に仕上がっていたと思う。

Scan10026_1

 ジェット・リー扮する主人公のフォ・ユァンジアは、実在した中国の伝説的な英雄らしい。フォは、天津の武術家の長男として育ち、連戦連勝を重ね、その圧倒的な強さを誇った。しかし彼は勝つことにこだわり過ぎ、武術家としての「精神」を忘れ、目上の達人に無役な決闘を挑んで殺してしまうのだ・・・。そしてそれは数々の悲劇を生む結果となり、彼は故郷を捨て、失意のまま流浪の旅に出ることになるのである。
 ここまでは、カンフー映画のよくあるパターンなのだが、その後老女と盲目の美少女に助けられ、ひとの心の暖かさや、自然の偉大さを知り、武術家としての心も芽生え始めてゆく。
 中村獅童とのラストバトルは、真の武術家同士の壮絶で、スピーディーな素晴しい戦いとなる。プロモーターは日本人の悪党なのだが、中村獅童は札儀正しい武士のような武術家を演じて格好良かった。
 最近の中国系の映画は、示し合わせたように実に映像が美しいね。エンディングクレジットでは、日本のロックミュージックが流されていたが、これは日本上映版だけらしい。中村獅童の扱い方にしても、だいぶ日本での興行成績を狙っているような気がしたのは考え過ぎだろうか。  (画像は映画館のパンフです)

※この記事が参考になった方は

人気blogランキングへ

|

« この胸いっぱいの愛を  | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »

コメント

こんにちは♪
TBありがとうございました。
思った以上に素晴らしい映画で感激しました。
たんなるアクション映画ではありませんでしたね~。
もう一度見たいくらいです(笑)
エンディングの歌はわざわざ日本人の物にしなくてもオリジナルの物でよかったのにねぇ。

投稿: ミチ | 2006年3月22日 (水) 00時11分

こんばんはTBありがとうございました。
仰るように映像も美しく、リーのアクションも魂が入っていて楽しめました。
後半駆け足で、主人公の心情が描ききれてないのがちょっと残念ですが。
日本語主題歌は酷かったですね。

投稿: ノラネコ | 2006年3月22日 (水) 01時19分

ドモドモー♪
TB、ありがとうございました。

観る前は中村獅童さんがちと不安だったのですが(・・・失礼ですね。汗)いやはや、ジェット・リーとの闘いも見劣りすることなく、そして、武道家として格のある佇まいでとても良かったですね。
何より嬉しかったのが、ジェット・リーの武術がハリウッド映画のように細切れでなく、じっくり見せてくれたことでした。

投稿: Puff | 2006年3月22日 (水) 17時13分

こんばんわ、TBありがとうございます。
僕も観る前はかなりアクション重視の映画
だと思っていたんですが
なかなかどうして素晴らしい物語でした。
憎しみや怒りを越えて人の道を示す主人公の姿に心打たれるものがありました。

投稿: ちゃど | 2006年3月22日 (水) 18時54分

ミチさん>コメントありがとう。田舎の場面が良かったですよね。しかしエンディングの歌は、皆さんに不評ですね。

ノラネコさん>コメントありがとう。そうですね。格闘家は卒業したのかと思ったら、天津に戻ってすぐ異種格闘技ですからね。その辺りの心の変化が描ききれてないですね。

PUFFさん>コメントありがとう。中村獅童は中国語も上手かったですね。いい役貰いましたよね。

ちゃどさん>コメントありがとう。前半のアクションと後半のアクションも質が違っていて飽きなかったですね。

投稿: ケント | 2006年3月22日 (水) 21時45分

この映画、もともとは二時間半ちかくあって、日本公開版では、ミシェルヨーの特別出演場面などが削られているらしいですよ。

投稿: 闘いうどん | 2006年3月23日 (木) 21時42分

闘いうどんさんコメントありがとうございます。ジェット・リーの作品と格闘技がお好きなようで良くご存知ですね。

投稿: ケント | 2006年3月23日 (木) 22時38分

『映画と秋葉原とネット小遣いと日記』のhideです
ケントさんTB&コメント有難うございます
中村獅堂の扱い方が意外に良かったのが驚きました

投稿: hide | 2006年3月25日 (土) 13時16分

こんばんは!
これは、李連杰の最高傑作だと思いました。
獅童クンも、おいしい役でしたね。
TBさせていただきます!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年3月26日 (日) 05時22分

hideさん、猫姫さん、コメントありがとうございます。やはり皆さん中村獅堂はおいしい役柄だと思ったようですね。(^_-)-☆

投稿: ケント | 2006年3月26日 (日) 13時54分

こんにちは。まえにかかれていたスピリットの差し替えの件ですが、ネットを探していたら差し替えについてサイトを作っている方がいましたのでお知らせしますね。
http://spirit-jaychou.hp.infoseek.co.jp/
すごく映画についても、差し替えで問題になった曲についても詳しいので一度見てみてくださいね。私もこの話題にはまだ胸の中がすっきりしないので協力できたらとおもってかきましたが、ご迷惑でしたら失礼します。

投稿: はてな | 2006年5月 6日 (土) 22時56分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/1116793

この記事へのトラックバック一覧です: SPIRIT スピリット:

» 『SPIRIT -スピリット-』 (初鑑賞23本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 3月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7 にて 14:45の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年3月21日 (火) 23時04分

» 映画 「SPIRIT」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「SPIRIT」★★★☆ 実在した中国武術の伝説的人物、霍元甲(フォ・ユァンジア)をジェット・リーが演じるアクション・エンターテイメント。 何よりもジェット・リーのアクションに魅せられてしまった。戦闘シーンやヤクザの抗争シーンのためのアクションではなく、“中国武術同士の戦い”あるいは“異種格闘技戦”のためのアクションというのが良かった。純粋に技と技のぶつかり合いを楽しむことができたか�... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 00時08分

» SPIRIT [俺の話を聴け〜!]
「これで最後」と言ったとか言わないとか噂になってる、ジェット・リー渾身のカンフー映画『スピリット』を鑑賞。カンフー映画に目がない俺としては期待に胸を躍らせて観にいったのだが、なかなか落ち着いた良い作品に仕上がっていた。まず映像が良い。浮ついたところのない....... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 00時35分

» 感動カンフー作品(いやもっと奥深い)映画「SPIRIT スピリット」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「HERO」「LOVERS」の メンバーが再結集した ジェット・リー主演の 「SPIRIT スピリット」非常にいい作品ですよ〜 中村獅童・原田真人も出ていますが脇役ですね。 42歳で亡くなった天津一の格闘家の 「フォ・ユアンジア・フォ」の実話ですが 見事なカンフーシーンもたっぷり そして彼のサクセスストーリーも 丁寧に描かれており 最後はちょっとした感動作になっています。 下手をすると 今までの�... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 00時42分

» B3:SPIRIT−スピリットー [〜勝手に映画評価〜]
武術家の家に生まれたフォ・ユァンジャは、幼いころ父からは武術を教えてもらえず自分で武術を身に付けていった。ユァンジャが大人になってから求めていたものは“天津一の強さであると認められること”であった。着実にその強さを周囲に認めさせてきたユァンジャではあったが、戦いで殺してしまった人物の関係者によって自分の母親と娘を殺されてしまう。大事な人を失って初めて自分の過ちに気づいたユァンジャは、その後の数年間のある村の生... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 02時59分

» 武術の真髄を見た 「SPIRIT−スピリット−」 [平気の平左]
評価:80点{/fuki_suki/} SPIRIT−スピリット− いや、思った以上に良かったですね。 ちょっと感動してしまいました。 ストーリーは、終盤以外はかなり読める展開です。 しかし、抑えるべきツボを抑えて、コンパクトにまとめているところに好感が持てますね。 当然のことながら、ジェット・リーのアクションはすごいです。 格闘場での戦いがほとんどなので、武器でアクセ�... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 08時56分

» SPIRIT [メルブロ]
スピリット 上映時間 1時間44分 監督 ロニー・ユー 出演 ジェット・リー 中村獅童 ドン・ヨン コリン・チョウ ネイサン・ジョーンズ 評価 8点(10点満点)  完成披露試写会でサロンパス・ルーブルへ。いくらネーミングライツとはいえ、サロンパスて・・・。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 11時59分

» ★「SPIRIT」 [ひらりん的映画ブログ]
約100年前に実在した格闘家が主人公のアクション映画。 主演は、ジェット・リー。 共演に、中村獅童。 [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 13時19分

» 映画「SPIRIT -スピリット-」 [いもロックフェスティバル]
ジェット・リー主演の映画「SPIRIT」の試写会に行った。 (3/15 松下I [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 14時54分

» SPIRIT その2 [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『SPIRIT』2006年公開。ジェット・リー、マーシャルアーツ映画を引退・・・。この映画で最後と語っているけど・・・もったいない。ジャッキー・チェンとの共演の企画はどうなったのかな?私は『ワンス。アポン・ア・タイムイン・チャイナ』の続編を期待してる...... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 16時58分

» 「SPIRIT」 [Puff's Cinema Cafe Diary]
公式サイト ワーナー・マイカル・シネマズ、公開3日目初回です。 スクリーン5(182席)、10人足らずでござります。 [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 16時59分

» SPIRIT [シャーロットの涙]
武道の精神と平和のメッセージに酔いしれた。 最近この手のカンフーアクションものはすっかりご無沙汰をしていたので、相変わらずスタントダブルを極力使わないリアルな迫力に驚いてしまった。 (一応はダブルさんもいるらしいけど。) 日本と中国、アクション、衣装、音楽。その類まれな才能がここに集結。 見方によってはこれまた漫画的というか、ありえないというか…笑 途中格闘ゲームを見ている感覚に�... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 18時10分

» SPIRIT [ネタバレ映画館]
 天津飯を食えるのはいつだ?あ、今日だ、今日に違いない!腹減ったぞ・・・ [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 20時18分

» 『SPIRIT スピリット』 日本人超悪人。 [キマグレなヒトリゴト]
まぁ時代柄仕方がないかと思われますが 日本人悪すぎ。いくら田中さんがいい人でもなんとなく フクザツな気分です。 ところで、あのテレビCMの映画の感想って 一体どういう人を捕まえて編集しているんでしょう。 毎度思うんですけどね。号泣って...みたいな。 まぁあれは人..... [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 20時41分

» 神話 The Myth [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★ 日本ではジャッキー・チェン主演作は、約25年以上、50本超の作品すべてが劇場公開されている。 2006年3月18日発売  最近は日本人の「ウンドウブソク」解消の為、日 [続きを読む]

受信: 2006年3月22日 (水) 23時36分

» SPIRIT/ 霍元甲/Fearless [我想一個人映画美的女人blog]
実はちょっと期待してました。 チャッキーファンの為の映画「チャイルドプレイ・チャッキーの花嫁」、 1作も観てなかったのに、そこを見込まれ(笑「ジェイソンVSフレディ」を監督 ちょっと笑わせてくれた ロニーユー監督作。 今回は、マジメよん{/heart_orange/} あらゆる武術を競い合う史上初の異種格闘技戦! 映画開始から2分後くらいにはもう戦いが始まってた! ちょっとたんま。 危なくなっても、、、、、、、、、負け... [続きを読む]

受信: 2006年3月23日 (木) 13時25分

» 『SPIRIT』 [京の昼寝〜♪]
世界よこれが俺たちの勝ち方だ。 ■監督 ロニー・ユー ■脚本 クリスティン・トー、クリス・チョウ■キャスト ジェット・リー、中村獅童、スン・リー、ドン・ヨン、ネイサン・ジョーンズ、コリン・チョウ□オフィシャルサイト  『SPIRIT』 病弱だった少年フォ・ユァンジア(ジェット・リー)は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、その傲慢さゆえに恨みを買い、家族に向けられた凶刃によって悲劇の�... [続きを読む]

受信: 2006年3月24日 (金) 00時33分

» SPIRIT 評価額・1350円 [Blog・キネマ文化論]
●SPIRITをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 武術の強者として名をはせるフォ。あ [続きを読む]

受信: 2006年3月24日 (金) 14時49分

» 『SPIRIT(スピリット)』2006・3・19に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『SPIRIT(スピリット)』  公式HPはこちら ←クリック 中国公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 父に武道に憧れて天津一の挌闘家になった霍元甲(フォ・ユァンジア)(ジェット・リー)は、その高慢な人格が災いして、人生のどん底へと突き落とされてし... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 00時23分

» SPIRIT 霍元甲 FEARLESS [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ジェット・リー、中村獅童主演 精武体育学校を設立した実在の武術家霍元甲(フォ・ユアンジア)の物語 霍元甲は子供の頃、父親の武術に興味を持ち 道場へ行っては技を盗み その真似をしていました 父親は何故か息子に 教える事は無く、学業をせよと言うばかりです 父親はリングに上がり相手に勝つことにより名声と富を得ていた ある日 父親はリングに上がるのですが 相手に止めを刺すことなく 試合を運びその為 敗れるのですが それが霍元甲には腑に落ちません 1900年霍元甲は大人になり武術にもたけています ... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 10時24分

» 【劇場鑑賞27】SPIRIT(霍元甲) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1910年9月14日 世界初の異種格闘技戦 開幕 世界よこれが俺たちの勝ち方だ。 [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 11時11分

» SPIRIT -スピリット- [Akira's VOICE]
ウォー!と熱くさせるものはないけれど, じわりと感動できるアクション映画。 [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 17時08分

» SPIRIT [Diarydiary! ]
《SPIRIT》 2006年 香港/アメリカ映画 - 原題 - 霍 元甲 -  [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 18時55分

» スピリット(SPIRIT) [わかりやすさとストーリー]
●ドラゴンボール方程式(少年誌パターン)からの卒業を目指すも、物語の基本型にすっぽりハマッて目新しさはない●なにか裏がありそうな題材選びに、ジェット・リーの行く末が気になるところだ(余計なお世話?)。... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 22時13分

» SPIRIT-霍元甲 06年58本目 [猫姫じゃ]
SPIRIT - スピリット - (霍元甲) これぞ 李連杰 系!!やっぱり、チャイナ服に辮髪でクンフー。 これ、サイコー!! いぁ、ダニー・ザ・ドッグ も、悪くはなかったですyo。でもね、やっぱり彼には、こういう中国クンフー映画に出てもらないと、、、英語しゃべったり、...... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 05時25分

» 『SPIRIT』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
 『SPIRIT』鑑賞レビュー! 原題 ▶ 無敵:FEARLESS 2006年3月18日より 全国松竹・東急系にてロードショー 製作国▶香港/アメリカ 配給▶ワーナー映画 上映時間▶103 min (1時間43分) ★スタッフ★ 監督▶ロニー・ユー アクション監督▶ユエン・ウーピン 製作▶ウィリアム・コン ★キャスト★ ジェット・リー 中村獅童 ドン・ヨン ミシェル・ヨー ネイサン・ジョーンズ コリン... [続きを読む]

受信: 2006年3月26日 (日) 13時34分

» 映画館「SPIRIT」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
日本のチョンマゲも相当変な髪形ですが、中国の前ゾリロン毛もね。。。 マーシャルアーツ!カッコいいネェ!この手の作品、久々に観た気がしましたよ~♪ジェット・リーがジェット・リーじゃなくてリー・リンチェイだった頃を思い出しましたねぇ~!本当にもうマーシャ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 18時46分

» 「SPIRIT」ジェット・リーの雄姿から目をそらすな! [soramove]
「SPIRIT」★★★★★満点! ジェット・リー主演 ロニー・ユー監督、香港・アメリカ2006年 ジェットー・リーは改名前の、 リー・リンチェイの頃からマイ・アイドルだった。 その贔屓目で見ていることを意識しながらも 彼はひとつの到達点に達したと確信した。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 08時06分

» SPIRIT(3月18日公開) [オレメデア]
フォ・ユァンジア(ジェット・リー)の父親は武術家だったが,病弱な息子には,自分と同じ道を歩ませることを拒んでいた. しかし,それがフォの好奇心を掻き立て,フォは武術の達人として名をとどろかせるようになる. そんなフォはいつしか,名声とともに,うぬぼれも強くなっ....... [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 00時41分

» ―― SPIRIT ―― [映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●]
『SPIRIT』 / 香港・アメリカ ●公開中●  最高っ!!  毛穴ダダッ開きの最強・武術映画!  スタンディングオベーション for 李 連杰(ジェット・リー)!  渾身の演技、気合溢れるアクションシーン、  そしてひさっびさの弁髪。(やっぱ似合うvv)  これが最後の功夫映画出演と自明するだけあって、  有終の美を飾るにふさわしい最高任侠功夫映画。  清朝末期に実在した、伝説の格闘家・霍元甲(フォ・ユァンジア)をモデルに  武に生きる男の生き様を描く、... [続きを読む]

受信: 2006年3月30日 (木) 10時58分

» SPIRIT [Alice in Wonderland]
リー・リンチェイだった頃のジェット・リーから私は彼のファンです。ハリウッド映画界でも祖国の映画でも素晴らしい活躍をしている彼にです。今回はただのカンフー映画を超越した何か熱いものをこの映画からもらい大満足です。 世界的なスマッシュ・ヒットとなった「HE...... [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 16時24分

» SPIRIT スピリット [シネクリシェ]
 ジェット・リーの最後のアクション映画になるかもしれないとのこと。たしかに齢よりも若くみえるとはいえ、不惑を過ぎたので、ここら辺で演技派への [続きを読む]

受信: 2006年4月 8日 (土) 11時34分

» SPIRIT スピリット−(映画:今年48本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ロニー・ユー 出演:ジェット・リー、中村獅童、原田眞人、スン・リー、ドン・ヨン、ネイサン・ジョーンズ、コリン・チョウ 評価:84点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) 見所は格闘技シーンだけではない。 ジェット・リーの...... [続きを読む]

受信: 2006年4月10日 (月) 16時19分

» SPIRIT/スピリット (霍元甲) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ロニー・ユー 主演 ジェット・リー 2006年 香港/アメリカ映画 103分 アクション 採点★★★★ まだ“ジェット・リー”と呼ばなきゃダメですか?そろそろ“リンチェイ”に戻してもよい頃かと。そもそも名前が“ジェット”って、なんかアレですし…。 ハリウッドでの扱い..... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 10時31分

» 【映画】 SPIRIT ★★☆ [徒然なるままに・・・]
ストーリー: 病弱だった少年は、やがて成長し天津一の格闘家となるが、 その傲慢さゆえに恨みを買い、 家族に向けられた凶刃によって悲劇のどん底に落ちていく。 いくつもの苦悩と、数知れない戦いの果てに、 彼を待受けていたのは歴史に残る大舞台。史上初の異種格闘技戦だった。 全世界から集まった屈強な男たち。会場に渦巻く興奮と野望。 しかし、彼の胸にある思いは、勝者の栄光を掴むこととはまったく無縁の、 静かにたぎる情熱だ�... [続きを読む]

受信: 2006年4月15日 (土) 12時15分

» 「SPIRIT スピリット」ジェット・リーの雄姿から目をそらすな! [soramove]
「SPIRIT」★★★★★満点! ジェット・リー主演 ロニー・ユー監督、香港・アメリカ2006年 ジェットー・リーは改名前の、 リー・リンチェイの頃からマイ・アイドルだった。 その贔屓目で見ていることを意識しながらも 彼はひとつの到達点に達したと確信した。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年5月 3日 (水) 15時16分

» SPIRIT<スピリット> [DVD レンタル Check]
SPIRIT<スピリット> [続きを読む]

受信: 2006年5月13日 (土) 12時59分

» 映画『SPIRIT』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Fearless(霍元甲) およそ1世紀前の1910年9月14日、初めての公式な異種格闘技戦が上海で開催される・・伝説となった実在の武闘家、心優しき男の生涯がここに綴られる フォ・ユァンジア(ジェット・リー)の幼少時代は喘息持ちで身体が弱かったため、名だた... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 01時38分

« この胸いっぱいの愛を  | トップページ | サマータイムマシン・ブルース »