« あんこう鍋の宿 | トップページ | PROMISE プロミス  »

2006年2月23日 (木)

魂萌え

 どうにも変なタイ卜ルだが、世間知らずの専業主婦敏子が、早過ぎた夫の死を乗り越えて、一人でたくましく生きてゆこうと決意する迄を描いている。と言えば、この妙なタイトルの意味が、なにげに理解出来るだろう。

魂萌え ! Book 魂萌え !

著者:桐野 夏生
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この小説の登場人物は、主人公の長男夫婦と長女夫婦、高校時代からの3人の友人達、そして亡夫の愛人と蕎麦打ち仲間達と、まるでホームドラマそのものだ。そしてストーリー展開も、日常的でたわいのないお話ばかりに終始するのである。唯一カプセルホテルでの、『風呂婆さん』との出会いシーンだけが、桐野風味を感じさせてくれたぐらいだ。ほんとに桐野夏生さんが書いたのかと、疑りたくなってしまう内容なので、トリッキーな話を期待すると裏切られるだろう。。。
 だからといって断じてつまらない小説ではない。それに専業主婦の中年女性達の中には、自分にも身に覚えがある人が多いはずだから、かなり共感を得られるはずである。
 ただ男の立場から見ると、この主人公の煮えきらないグズグズした対応と、世間知らずでバカのつくお人好し加減には、かなりイライラさせられ腹が立ってくるのだ。実際に中年の専業主婦って、皆こんなにも頼りないものなのだろうか・・・。きっと旦那が元気なときは、とくに困ったこともなく、平々凡々と過ごしているうちに、子育てと家族の食事の支度以外は何も出来ない女になってしまうのかな。だから『オレオレ詐欺』や『蒲団セールス』などの餌食になってしまうのだ。
 今の若い女性には少ないと思うが、いわゆる戦前派でそこそこ裕福な人々は、男も女もこういうつぶしの利かない、お人好しが多いのだろうか・・・と言ってみたものの、自分も傍から見れば五十歩百歩なのかもしれないな・・・。ははは。
 かなり厚い本なので、通勤時には荷物になって肩が痛くなってしまった。この話は、特に大きな盛り上がりもなく、主人公が一人で強く生きてゆくことに目覚めたところで終わってしまうため、読了後の充実感も薄く、何となく中途半端な気分のままである。このあと続編を書いて、連続TVドラマに仕立てれば、かなりヒットするのではないだろうか。
 ただこのような小説は、僕のようなおじさんではなく、同じ悩みを持つ、同年代の専業主婦が読むべき本なのだろうな。

|

« あんこう鍋の宿 | トップページ | PROMISE プロミス  »

コメント

こんにちは♪
TBありがとうございました。
私もなんとなくノレないまま終わった本です。
専業主婦という立場は同じなのですが、年代が違うせいか考え方もちょっと違う・・・。
でも、いまからこういう風になっていくのかなというのを見せてもらった部分もありました。

投稿: ミチ | 2006年2月23日 (木) 23時37分

私ら夫婦はこの作品と同じ年代の夫婦です。いやぁこれは傑作でしたね。むしろ読むべきは団塊世代の妻でしょうね。

投稿: よっちゃん | 2006年2月24日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/807668

この記事へのトラックバック一覧です: 魂萌え:

» 「魂、萌え!」作:桐野夏生 [背表紙ふぇちの独白]
今まで読んだ桐野作品の中で私にはこの作品が一番面白かった!の感想でも触れましたが今まで私が読んだ桐野作品には胸の悪くなるようなグロテスクな道を踏み外したような人が必ず出てきてました。でもこの作品には想像を絶するような悪人は出てきません。夫を突然亡くした...... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 21時59分

» ◆ 魂萌え! 桐野夏生  [IN MY BOOK by ゆうき]
魂萌え !桐野 夏生 毎日新聞社 2005-04-21by G-Tools 関口敏子、59歳、専業主婦。夫婦2人で建てた家もある。貯金もある。年金ももらえる。贅沢さえしなければ、夫と2人で平穏な老後を送れると思っていた。でも、夫が心臓麻痺で急死し、彼女は突然世間の荒波に放り出される事になる・・・。 8年ぶりにあらわれた息子・彰之は、アメリカで事業に失敗し、妻子と共に敏子の家に転がり込もうと、強引に同居を迫る。これからの敏子の生活に必要な貯金も、遺産として分割するように要求する。この彰之とい... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 23時31分

» 「魂萌え!」桐野夏生 [ミチの雑記帳]
{/book/}「魂萌え!」桐野夏生 ★★★☆☆ 主人公はどこにでもいそうな平凡な59歳の専業主婦。夫が急逝した後に彼女に降り掛かってくる様々なモンダイ。 夫の愛人の発覚、遺産相続のトラブル、あくまでも自己中な子供たち、友人関係の齟齬など、誰でも直面しそうな現実が描かれている。 「OUT」や「グロテスク」の一見平凡な女たちの内面に巣食う闇に比べたら、「魂萌え!」の主人公はあまりにフツーすぎてドラマ性に乏しい。 �... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 23時35分

» 桐野夏生『魂萌え』☆☆☆ [40歳からのクローン病]
一時期、切れた子供を主人公にした小説が流行った様に、高齢者を主人公にした小説が流行りそうである。 [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 09時52分

» 桐野夏生『魂萌え!』 還暦を越えたオジサンのための「愛妻家入門』 [日記風雑読書きなぐり]
いつでも、どこにでも灰色のビジネススーツを着ていくような、まじめで実直だけがとりえの、平凡なサラリーマン、定年退職後、ゴルフと蕎麦打ちを楽しみ、健康診断も欠かさない63歳の隆之。 隆之の性格も好みもよく心得て、家庭を守り子どもを育て、地域と仲良く付き合い、夫を支えてきた59歳の妻・敏子。 私はこの種の組み合わせの夫婦ならもっとも身近にいるのでよく知っている。... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 17時03分

» 魂萌え ! [桐野夏生] [+ ChiekoaLibrary +]
魂萌え !桐野 夏生 毎日新聞社 2005-04-21 定年退職し、そば打ちが趣味の夫・隆之と、夫婦ふたりで平穏な生活を送っていた関口敏子、五十九歳。ある日、隆之が心臓麻痺で急死したことをきっかけに、彼女の人生は一変する。八年ぶりにあらわれ強引に同居を迫る長男・彰之。長女・美保を巻き込み持ちあがる相続問題。しかし、なによりも敏子の心を乱し、惑わせる夫の遺した衝撃的な「秘密」とは…。 主人公が五十九歳!なんかそれだけで結構衝撃的でした。ちょうどうちの母くらいの年頃かな…と想像しながら読んだら... [続きを読む]

受信: 2006年2月24日 (金) 17時53分

» 子育てに悩むご両親の為の宝物の情報が無料で・・・ [無料メルマガ持ってけ♪情報館〜お得なメルマガ情報〜]
これだけ少年犯罪が増えている背景には、何があるのででしょうか? 様々な情報の氾濫、恵まれた生活環境、目まぐるしく変わる教育の現場。 色々な問題から子供を守る為にはどうしたら良いのか?この情報は本気で子育てを考えている人以外は決して見ないで下さい。そして・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年5月 7日 (日) 19時28分

» 『魂萌え!』 桐野夏生 [*モナミ*]
老いていきなり一人になるって、寂しいだろうなぁ。 それなら、最初から一人でいて、寂しさに慣れるというか、 それが当然の状態であった方が、全然いい。 と、ますます本気で真剣にそう思いながら、 読んでました。 夫が心臓発作で突然死んだ悲しみに浸る間もなく、 音信不通だった息子がいきなり現れ同居するだの、 財産譲れだの。 その上、死んだ夫に愛人がいたことも... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 12時28分

» そろそろきますね。確定・・・の時期が・・・。 [いろんな裏話教えて]
インターネット取引で得た所得の申告漏れがニュースで取り上げられている昨今、 国税庁も「重点的に調査していきたい」とコメントしています。 「申告の仕方がわからないから」という理由は通りません。無申告者となり、 せっかく稼いだ収入を取られてしまっては、元も子もありません。 しかし、申告は「税金を取られる」というイメージがありますが、逆に「節税」にも なるのです。また、申告することで「...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 15時10分

« あんこう鍋の宿 | トップページ | PROMISE プロミス  »