« 天使がいた三十日 | トップページ | 異人たちとの夏 »

2006年2月14日 (火)

蒲生邸事件

 やっとこの分厚い本を読み終わった。頁数は425頁だが、小さい字で2段に組んでいるので、実質は約800頁近くあるのではないか。
 ストーリーのほうは、予備校受験中の主人公孝史が、ひょんなことから昭和11年にタイムスリップしてしまい、そこで二・二六事件と絡んだ、蒲生邸で起きた『ある事件』に巻き込まれる・・・という流れである。

蒲生邸事件 Book 蒲生邸事件

著者:宮部 みゆき
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 あとがきで著者も述懐しているが、二・二六事件については、深く掘り下げて研究しているわけではないし、それ自体をテーマにしている訳でもない。あくまでも、運命の4日間の中で『蒲生邸に起きたある事件』と、『蒲生邸に住む人々の奇妙なお話』がメインテーマであり、二・二六事件はその伏線に過ぎないのだ。
 またタイトルから想像すると、『クラシカルミステリー』の趣が漂ってくるのだが、この小説が日本SF大賞を受賞していることからも、タイムスリップに照準を合わせていることがわかる。 ただ本格的時間テーマSFとするならば、その理論構成やストーリー展開にもう一工夫して欲しかった。
 例えば主人公が現代に帰る場合に、昭和11年と同時間が経過しているというのも説得力がない。これでは1年単位のタイムスリップしか出来ないことになるが、そのことの説明が全くなかったと思う。
 また個人レべルの小さな過去は変えられるが、歴史の大きな流れは変えられない、とする理論にはそれなりに納得するが、それでも過去を変えた場合は、パラレルワールドの存在を無視することは出来ないはずだ。しかしこの小説ではパラレルワールドについては、一切触れていない。それならば、いっそ小さなことであっても過去の事象は、一切変えられない・・・ということにしてしまったほうが、正解だったのではないだろうか。
 宮部さんの作品には、ミステリーやらSFやら社会派推理やらの多重ジャンルものが多いので、今回もたまたまSF大賞を受賞ものの、やはりジャンルの定まらない作品だったのかもしれない。また読者がタイムスリップ理論にうるさくこだわる人でなければ、どうでも良いことだし、そもそも過去へのタイムスリップ自体が、あり得ない事象なのだからむきになるな、と反論されればそれまでである。
 SF的にはつっこみ処が多いものの、全搬的には良く出来た小説だと思う。前半の約1/3は、淡々とした展開に少々退屈だったが、孝史が『美少女ふきの末来を救う』ことを決意するあたりから、俄然心のエンジンが全開となってしまった。
 ラスト近く、過去と現代が繋がる部分の描写で、広瀬正の『マイナスゼロ』や、米国映画の『ある日どこかで』を思い浮べる人がいたら、かなりのSF通であろう。
 とにかく宮部さんの粘り強い情報収集力には、いつもパワーを感じるし、情報とストーリーとの巧みな融合センスには、いつも驚き感心してしまうのだ。

|

« 天使がいた三十日 | トップページ | 異人たちとの夏 »

コメント

こんにちは、TBありがとうございます。
この本、重い(ぶ厚い)ですよね。

宮部さん作品が好きなので頑張りましたが私も時間がかかりました。

投稿: ユキノ | 2006年2月14日 (火) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/711006

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲生邸事件:

» 蒲生邸事件 [時間旅行〜タイムトラベル]
宮部みゆき作 蒲生邸事件 SF度:★★★★ 泣ける度:★★★ ミステリー度:★★★★ 予備校の入学テストで上京してきた孝史。 仮住まいをしていたホテルが火事になり、逃げ場を失う しか〜しナゾの人物、時間旅行者(タイムトラベラー)に助けられる 宮部 みゆき蒲生邸事件 二・二六事件を題材にした長編小説。日本SF大賞受賞。 ... [続きを読む]

受信: 2006年2月14日 (火) 23時00分

» 「蒲生邸事件」宮部みゆき [AOCHAN-Blog]
タイトル:蒲生邸事件 著者  :宮部みゆき 出版社 :文春文庫 読書期間:2004/09/06 - 2004/09/10 お勧め度:★★★ +++++ 大学受験に失敗し、予備校の入試のため平河町一番ホテルに宿泊していた尾崎孝史。二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。焼死寸前のところを、謎の男・平田に助けられた孝史は、平田とともに昭和十一年二月二十六日にタイムスリップ。そこでは、今まさに二・二六事件が起きようとしていた。降り立った場所−蒲生邸−では、蒲生陸軍大将が自決。付近一帯は反... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 01時15分

» [review]宮部みゆき『蒲生邸事件』 [こんな夜だから本を読もう]
 今さらながら、ではありますが・・・『ISBN:4167549034:title』です。  二・二六事件直前にタイムスリップしてしまった受験生の孝史。素性を隠し、蒲生邸に住み込むのですが、二・二六事件の勃発、蒲生大将の自決と孝史はいやおうなしに歴史の波にまきこまれていきます。戒厳令下の帝都東京、一癖も二癖もある屋敷の人々はそれぞれに蒲生大将の死の真相に迫っていくのですが。  ミステリとしては邪道だという人がいるかもしれません。でも、設定の活かし方は「さすがミヤベ」。物語にどんどん引き込まれ... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 09時18分

» 蒲生邸事件 [Proc Blog]
蒲生邸事件 今年10冊目。 [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 14時19分

» 「蒲生邸事件」 / 宮部みゆき [音楽と日々の日記 by edge-242]
宮部みゆきの「蒲生邸事件文春文庫」。 あらすじは、予備校受験のために上京した受験生・孝史は、二月二十六日、ホテル火災に見舞われた。間一髪で、時間旅行(タイムスリップ)の能力を持つ男に救助された。タイムスリップした先は、なんと二・二六事件が起こる昭和十一年。..... [続きを読む]

受信: 2006年2月15日 (水) 18時40分

» (書評)蒲生邸事件 [たこの感想文]
著者:宮部みゆき 浪人生の孝史は、予備校受験のために宿泊していたホテルで火災に遭 [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 09時54分

» 蒲生邸事件 [入ル人ラ]
{{{<gamou-tei jiken>}}}  ===== 宮部みゆき ===== [[attached(1,left)]]  @文春文庫  2000年10月10日 第1刷 {{{:  時に平成六年(1994年)2月26日、 予備校受験のために上京した 受験生・尾崎孝史はホテル火災に見舞われた。 間一髪で、時間旅行の能力を持つ男に救助されたが、 そこはなんと昭和十一年(1936年)。 雪降りしきる帝都・東京では、 いままさに二・二六事件が起きようとしていた。 }}}  ..... [続きを読む]

受信: 2006年2月28日 (火) 19時33分

« 天使がいた三十日 | トップページ | 異人たちとの夏 »