« リンダリンダリンダ | トップページ | マラソン »

2006年1月28日 (土)

プライドと偏見

★★★★

 東京はやっと少し暖かくなったようだ。今日に限れば、せめてマフラーがあればコートは不要だったかもしれない。
 さてこの映画はアカデミー賞有力候補ということで、ネットの評価もかなり高いようだが、興行成績のほうはイマイチのようである。これは多分タイトルが堅いので、難しい作品なのかと敬遠されるからかもしれない。
 ところがこの映画は一種のラブコメであり、決して難解な作品ではないし、主人公エリザべスの生き方にはかなり共感出来るので、まだ観ていない人がいたら是非ともお勧めしたい。ただどちらかと言うと女性向きなので、私のようにおじさん1人での鑑賞だと、ちょっと気恥ずかしいかもしれないね。
Scan10015  ストーリーの舞台は18世紀後半頃のイギリスで、シンデレラを夢みる家族と貴族とのラブストーリーである。ただこの映画は単なる夢物語ではなく、誰にでも思い当たる誤解や偏見をテーマにしているので、時代やお国柄や身分の隔たりを超えて、かなり感情移入し易いのではと思う。
 人は見かけが大切だが、逆に見かけだけで全てを判断すると、大きなリスクを負うことになる。この映画はそんな教訓を、押し付けがましくならないように自然な形で、かつ判り易く表現したのではないだろうか。
 とにかくヒロインエリザべスの心の移り変わりが、実に見事に描かれていて、男性である自分迄もが彼女になり切ってしまったようで少し怖かった。ただ『金持ちを探して結婚するのが人生』というヒロインの母親や妹たちにはついてゆけなかったが、当時の人々の価値観はそんなものなのかもしれないと渋々納得した。逆に父親からは、娘に対する愛情がヒシヒシと感じられて、なんとなく嬉しいような素敵な気分になるだろう。
 それから、なんといっても、その美しい映像には驚かされるはずである。まるで中世の絵画を観ているようで、うっとりしてしまう。余りにも美し過ぎるので、逆に虚構の世界のようだと、批判する人がいるかもしれない。
 ラストシーンではもう少しダメを押した、抱擁と歓喜の感動シーンにして貰いたかった気もする。上映時間の関係で、終盤がかなり編集カットされたようで、バタバタと終ってしまったのが残念である。  

(画像は劇場のパンフレットです)

|

« リンダリンダリンダ | トップページ | マラソン »

コメント

TBありがとうございました。
コリン・ファースのBBC版「高慢と偏見」を見る機会に恵まれたのですが、まさに題名そのものでした。マシューのMr.ダーシーはどうも私にはプライド高い人には見えなかったです。どちらかというと「無愛想と偏見」です…笑

投稿: charotte | 2006年1月29日 (日) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/532562

この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» プライドと偏見 [HOYAHOYA Sympathy]
【今日の言葉】 男はプライドを捨てられない。 女は真実が目に入らない。 (2006年 映画『プライドと偏見』 チラシ抜粋) このキャッチコピー、 うちの両親の夫婦ゲンカにぴったり・・・。 げんなり。... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 17時55分

» 「 プライドと偏見 」 [MoonDreamWorks]
監督 : ジョー・ナイト 主演 : キーラ・ナイトレイ / マシュー・マクファディン /        US公式HP:http://www.prideandprejudicemovie.net/home.html 原作は、J.オースティン著『プライドと偏見』 (イギリス) 監督は、「チャールズ2世」のジョー...... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 18時28分

» 「プライドと偏見」の時代背景 [Elinor's Forest]
「プライドと偏見」(Pride and Prejudice)の映画を観て、この原作小説の邦訳と原書をまたひもといてみました。ついでに、同じ作者ジェーン・オースティン(Jane Austein)の他の作品「説得 (説きふせられて)」(Persuasion)も邦訳をペラペラ。... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 20時55分

» プライドと偏見 [★Mooooovie★]
ストーリー フランス革命の余波がイギリスにも押し寄せていた18世紀末。 イギリスの田舎町に住むベネット家には5人の娘がいたが、女には相続権がないため、母親は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。 そんなとき、ベネット家の隣に、大金持ちの貴公子...... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 21時02分

» プライドと偏見 [シャーロットの涙]
女性が相続を出来ない時代、18世紀のイギリスのお話。 玉の輿をやっきになって願う姿が滑稽でもあり、哀しくもある。いかにお金持ちと結婚するか・・・話題はそれに尽きるのかな。 プライド、個人的には自分の持つゆるぎない信念のことを意味していると思っている。劇中の男性像はどちらかというとプライドというより「見栄をはり、鼻持ちならない男」・・・ということなのかしら?と思い、作品を見ていたけどそんな感じの人物達にはどう... [続きを読む]

受信: 2006年1月28日 (土) 23時56分

» 「プライドと偏見」 [Uppriktig]
公開2週目になった「プライドと偏見」を観に行ってきた 「ブリジット・ジョーンズの日記」のもとになった ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を 映画化をしたもの 製作年度 2005年 製作国・地域 イギリス 上映時間 127分 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演・キーラ・ナイトレイ   ・マシュー・マクファディン   ・ドナルド・サザーランド   ・ブレンダ・ブレシン   ・ロザムンド・パイク ... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 01時49分

» 『プライドと偏見』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『プライドと偏見』レビュー Pride and Prejudice 製作国 イギリス 初公開年月 2006/01/14 上映時間127 min (2時間7分) ♥スタッフ♥ 監督:ジョー・ライト 製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー ポール・ウェブスター 原作: ジェーン・オースティン  脚本: デボラ・モガー  撮影: ロマン・オーシン  衣装デザイン: ジャクリーヌ・デュラン  音楽: ダリオ・マリアネッリ 『愛... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 02時06分

» プライドと偏見 [ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-]
映画「プライドと偏見」の感想です [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 02時29分

» ★「プライドと偏見」 [ひらりん的映画ブログ]
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。 [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 02時46分

» 『プライドと偏見』 [映像と音は言葉にできないけれど]
こりゃ面白い話ですねぇ。19世紀初頭に女流文学作家ジェイン・オースティンにより書かれた名作の映画化です。この物語は、昔グリア・ガーソンとローレンス・オリビエ主演で映画化されていますが(『高慢と偏見』今、ワンコインDVDで買えます)、それ以外にも現代版など..... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 08時32分

» 「プライドと偏見」 [●○ゆるゆるシネマ感想文○●]
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 オーリーもど... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 12時49分

» プライドと偏見 [ユウヒイサナの懸賞生活☆ブログ版☆]
プライドと偏見試写会に行ってきました。 友達Tちゃんに誘われて行って来ました。 最近よく遊んでいます。 来週も「THE有頂天ホテル」の試写会に一緒に行きます。 場所はヤクルトホールでした。 18世紀末のイギリスが舞台。 古城と広大な風景は見物です! プライドの高い上流階級の男性ダーシーと、さまざまな噂話によってダーシーに嫌悪感を抱くエリザベス。 5人の姉妹のうち、3人のエピソードがバランスよく配置... [続きを読む]

受信: 2006年1月29日 (日) 17時33分

» 「プライドと偏見」観ました。 [GOOD☆NEWS]
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 09時26分

» 『プライドと偏見』 [フミセイロのなんちゅうことない日々。]
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映画です。この時代の大英帝国では身分の違いが大きい問題なので、セレブでもない姉妹は、それによって玉の輿が危うくなったりします。ジュディ・デンチ演じ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 21時24分

» 『プライドと偏見』’05・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ18世紀末。イギリスの田舎町が舞台。娘ばかり5人のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリーが引っ越してくる。美しく慎み深い長女ジェーンと読書が好きで才気溢れる次女のエリザベス。そして、快活なビングリーとその親友で気位の高いダーシー。ジェーン...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 5日 (日) 21時41分

» プライドと偏見 [ネタバレ映画館]
 なぜカタカナ英語と漢字?  戸田奈津子先生も頑張ってました。平坦な現代英語なのに無理してカタカナ英語を使わないようにして、気品のある格調高い翻訳を目指したのでしょう。しかし、邦題は後から付けたのでしょうか、戸田先生の努力が報われていません。わざわざ“jealousy”を“やっかみ”などという言葉に置き換えたりしたんですよ。「やっかみって何だっけ?」と思わず考えてしまい、戸田先生の顔を思い浮かべてし... [続きを読む]

受信: 2006年2月 7日 (火) 21時42分

» ★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後 [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも..... [続きを読む]

受信: 2006年2月12日 (日) 17時42分

» プライドと偏見 [いつか深夜特急に乗って]
「プライドと偏見」★★★★ (盛岡フォーラム3)2005年イ [続きを読む]

受信: 2006年4月 2日 (日) 05時53分

» プライドと偏見 [シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン プライドと偏見  女性でこの作品が嫌いという人はなかなかいないのではないでしょうか? 18世紀末のイギリスの田舎を舞台にした貴族社会のお話なので、レースをふんだんに使った豪華なドレスを見るだけでもうっとりしてしま... [続きを読む]

受信: 2006年5月26日 (金) 14時00分

» プライドと偏見−(映画:87本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ジョー・ライト  出演:キーラ・ナイトレイ、タルラ・ライリー、ロザムンド・パイク、ジェナ・マローン、ケイリー・マリガン、ドナルド・サザーランド、 ブレンダ・ブレシン、クローディー・ブレイクリー、マシュー・マクファディン、トム・ホラン....... [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 23時02分

» 『プライドと偏見』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 (日) 21時34分

« リンダリンダリンダ | トップページ | マラソン »