« とんだハーレム | トップページ | プライドと偏見 »

2006年1月26日 (木)

リンダリンダリンダ

★★★

 この作品は、女子高校生4人がにわかロックバンドを組んで、文化祭で演奏し、拍手喝采を受けるという、よくあるパターンの映画であります。
 当初スィングガールズの、ものまねかと思っていましたが、全く異った作り方をしていました。

リンダリンダリンダ DVD リンダリンダリンダ

販売元:バップ
発売日:2006/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 前半は、ストーリーが良く判からず、撮影も学校を中心とした、限られた場所だけなので、なかなか精神がスクリーンの中に入り込めず眠くなってしまいました。
 ところが、片言の日本語しかしゃべれない韓国留学生のソンが、バンドのボーカルに加入するあたりから、だんだん面白くなるのです。
 この映画はなんとなく素人が作ったような雑な感じの作品で、ラストシーンもそれほど感動的ではありませんが、何かが心に残る気がしました。
 多分それは、韓国人ソンの魔可不思議なムードが、香辛料となって、全体をピリリと引き締めていたからにほかありません。

|

« とんだハーレム | トップページ | プライドと偏見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/21640/515156

この記事へのトラックバック一覧です: リンダリンダリンダ:

» 『 リンダリンダリンダ  』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『 リンダリンダリンダ  』 [ 試写会鑑賞2005.07 ] 2005年:日  本  監 督:山下敦弘 脚 本:向井康介/宮下和雅子/山下敦弘 主題歌:「終わらない歌」(ザ・ブルーハーツ) 音 楽:James Iha サントラ盤:ユニバーサル ミュージック [キャ... [続きを読む]

受信: 2006年1月27日 (金) 02時43分

» 「リンダリンダリンダ」試写会にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
18日仕事を終えた後、ファボーレ東宝で行われたFMとやま主催『リンダリンダリンダ』の試写会に行ってきました。 試写会といっても、職場のある魚津からファボーレのある婦中までは下道でゆうに一時間半はかかる距離、定時5時半で上がっても間に合うかどうかの距離のため、高速を使って向かったので高速料金900円は掛かっていることになります。おかげで6時前に魚津をでて6時34分には劇場に着くことができました。 入場時、「森山未来」主演舞台『BAT... [続きを読む]

受信: 2006年2月 4日 (土) 20時50分

» リンダ リンダ リンダ/山下敦弘 [文学な?ブログ]
私は学園もの映画が好きで、この映画もその一つになりました。僅かな学生生活の中で、そこでしか得られないことはたくさんあります。しかし、実際に学生の頃には時間が無限にあると感じていて、無駄な時間の浪費をしていたと懐かしく思います。 「リンダ リンダ リンダ」は、高校生の女の子が学園祭でバンドをやるまでの紆余曲折を描いた作品で、友だちとの微妙な関係、異性との恋愛、教師との関係など、瑞々しい感覚が繊細なタッチで表現されています。ボーカル役のペ・ドゥナを初め、前田亜季、香椎由宇、関根史織と、これからさら... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 17時52分

« とんだハーレム | トップページ | プライドと偏見 »